MENU

過去の礼拝説教

「一人も失いたくない」

2015年05月31日 聖書:ヨハネによる福音書 6:34~40

ヨハネによる福音書6章には、主エスと、ユダヤ人たちとの、命のパンについて議論が、記されています。

主イエスは、ユダヤ人たちに、「わたしの父が、天からのまことのパンを、お与えになる。

神のパンは、天から降って来て、世に命を与えるものである」、と仰いました。

父なる神様から与えられる、命のパン。それは、他ならぬ、この私のことである。

私が、天からの、まことのパンなのだ。主イエスは、そう言われたのです。

勿論、主イエスが、この時、語っておられるのは、肉体を養うための、物質的なパンのことではありません。そうではなくて、永遠の命を与えるパンのことです。

毎日食べるパンのことなら、私たちも良く知っています。お腹が空いたら、私たちはパンを食べます。それで、肉体を支えます。でも、暫くすれば、またお腹は空きます。

だからまた、食べるのです。そういうことを、毎日、繰り返しています。

しかし、そういうパンを、食べ続けていても、私たちは、いずれ死を迎えます。

ですから、私たちが毎日食べるパンは、永遠の命を与えてくれるパンではありません。

一時的に、空腹を満たすだけのパンです。

ユダヤ人たちは、主イエスが言われた、まことのパンとは、そういう物質的なパンである、と誤解しました。ですから、そういうパンを、「いつもわたしたちにください」、と言ったのです。

私たちは、毎日お腹が空きますから、そういうパンは、毎日必要なのです。

ですから、「いつもください」、「毎日ください」、と言ったのです。

それに対して、主イエスがお答えになった言葉。それが、「わたしが命のパンである」という言葉です。

「わたしが命のパンである」。この言葉は、とても深い意味を、含んでいます。

「わたしは……である」。こういう言い方は、ヨハネによる福音書に、特有のものです。

主イエスが、ご自分を、自己紹介される形で、名乗り出られる時の言葉です。

その最初が、ここです。「わたしが命のパンである」。

これから先、この福音書において、主イエスは、「わたしは世の光である」、「わたしは羊飼いである」、「わたしはぶどうの木」、「わたしはよみがえりであり、命である」、「わたしは羊の門である」、或いは「わたしは道であり、真理であり、命である」、と言われています。

こういう言い方が、全部で7回出てきます。

それと同時に、もうひとつ私たちが、心に留めておかなければならないことがあります。

この先の、8章24節に、こういう言葉があります。

「だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる」。

この御言葉については、いずれ、その箇所を学ぶ時に、詳しくお話させていただきますが、今日、心に留めていただきたいのは、「わたしはある」という、少し変わった表現です。

この言葉は、その先の8章28節にも、「あなたたちは、人の子を上げたときに初めて、『わたしはある』ということが分かる」、と書かれています。

「わたしはある」。ここで語られている主イエスのお言葉は、ギリシア語では、たった二つの単語です。「エゴー・エイミー」。

「エゴー」。これは、エゴイズムという言葉でも、知られているように、「私」という意味です。それに、「エイミー」という動詞が、付いています。

「エイミー」。これは、「ある」という動詞です。英語で言えば、be動詞に相当します。

「エゴー・エイミー」。英語では、「I am」です。

「わたしはある」。これが、主イエスが、ご自分のことを、自己紹介された言葉でした。

あのホレブの山で、燃える柴の中から、神様は、ご自分の名前を、モーセに告げました。

私の名前は、「わたしはある」、という者だ。神様は、そう言われました。

その同じ言葉を用いて、主イエスも、ご自分を紹介されているのです。

既に学んだ6章20節で、私たちは、これと同じ、主のお言葉を、聞いています。

主イエスが、荒れ狂っている湖の上を歩いて、弟子たちに近づかれ、「わたしだ」と言われました。これも「エゴー・エイミー」です。

荒れ狂う海に浮かぶ、小舟のように、私たちが、信仰の戦いを、必死に戦っている。

まさに、その場所に、「わたしだ」と言われる方が、近づいて来てくださる。

信仰者は、それを受け止めて、喜び、励まされて、信仰の戦いを、続けていくのです。

キリストの教会は、その長い歴史を通して、様々な迫害を受けました。

しかし、そのような迫害を受けながらも、尚そこで、生き続けることができました。

それは、「わたしだ」と言われる方が、そこにおられたからです。

「わたしだ」と言われる方が、近づいてくださり、共にいてくださったからです。

その「わたしだ」と言われる方が、ここで、「わたしは命のパンだ」、と言われました。

私がパンを与えようとか、パンについて考えよう、と言われたのではありません。

私自身が、あなた方の命を養うパンである。

私を食べる者は、永遠の命に生きる、と言われたのです。

これは、不思議な言葉です。何故、ご自身のことを、「パンだ」と言われたのでしょうか。

パンというのは、食べるものです。主イエスは、ご自分を、食べ物だと仰ったのです。

今日の箇所のテーマは、「信じる」ということです。

36節で、主イエスは、「あなたがたは、わたしを見ているのに、信じない」、と言われました。「信じる」ということが、問題になっているのです。

そういう文脈の中で、主イエスが、ご自分のことを、パンだと仰った。

ということは、主イエスを信じるということは、主イエスという、パンを食べることである、ということになります。

大事なことは、食べることなのだ、と主イエスは言われたのです。

当然のことですが、パンは、眺めるものではありません。

パンを見て、「あァ、いいパンですね。焼け具合も良いですね。香りも良いし、色合いも最高ですね」と言って、ただ眺めているだけでは、意味がありません。

暫くは見ていても、最後は、食べなければ、意味がありません。

主イエスは、ここで、ご自分はパンなのだ、と仰いました。

ということは、この私を食べてくれ、と言われているのです。ただ私の外側を見ているだけでなく、私を食べてくれ、と仰っているのです。

私を、ただ眺めていても、何も起こりませんよ。何の意味もありませんよ。

ですから、私を食べてもらいたい、と言われているのです。

食べるということは、究極的な形で、自分のものにしてしまうということです。

私たちも、本当に可愛い子供がいると、食べてしまいたい、と言います。でも、それは、本当に食べるのではなくて、その子を全部、自分のものにしてしまいたい、ということです。

自分が食べてしまったら、他の人はもう食べられません。

ですから、食べるということは、究極的に、自分のものにする、ということです。

主イエスも、そう仰っているのです。私を食べてくれ。

私を、完全に、あなたのものにして貰いたい。そのように言われているのです。

主イエスを食べるということは、それほどにまで深く、主イエスを、自分のものにしてしまう、ということなのです。そうやって、主イエスを食べた者は、自分もまた、主イエスのものになるのです。そういう深い結びつきが、私たちと、主イエスとの間に生まれるのです。

主イエスが、ここで望んでおられるのは、そういうことです。

そういう深い交わりの中で、私はあなたと共に生きたいし、あなたも、その交わりの中で、私と共に生きて欲しい。それが、主イエスが、ここで、仰っていることなのです。

ある牧師が、こんなことを書いています。その牧師が仕えている、教会の信徒が、癌に侵されました。役員として、長くその教会において、忠実に信仰生活を、守ってきた人です。

激しい痛みとの戦いの中で、この人はこう言った、というのです。

「イエス様が、人間となられて、今、肉の痛みに、のたうつ自分と、一つになってくださり、共にいてくださることが、どんなに慰めであり、力であるかを感じます。

自分は、肉体の糧が、取れなくなって、神様の恵みだけを食べて、生きています。そして、切実に、『われらの日用の糧を、今日も与えたまえ』と、主の祈りを祈っています。」

この方は、激しい痛みの中で、物質的なパンを、取ることができなくなって、命のパンである、主イエスの恵みだけによって、生かされています。

そして、毎日、イエス様、今日も、あなたを食べさせてください。あなたの恵みによって、生きさせてください、と切に祈っているのです。

命のパンである、主イエスを、今日も食べさせてください。私の命は、主イエスというパンによって、支えられているのですから。そのように、心から祈っているのです。

肉のパンだけではなく、命のパンである、主イエスを、今日も食べさせてください。

私たちも、そのように、「主の祈り」を、心から祈る者でありたい、と思わされます。

主イエスは、「あなたがたは、わたしを見ているのに、信じない」と言われました。

私が、目の前にいるのに、あなた方は、信じようとしない、と言われています。

ユダヤ人たちは、ただ主イエスを見ているだけなのです。主イエスの周りをウロウロしながら、見ているだけなのです。ですから、主イエスは、言われるのです。

「いつまで、見ているのですか。いつまで、眺めているのですか。見ているだけでなく、食べてもらいたい」。ユダヤ人たちは、主イエスを、見ているだけで、食べようとしないのです。

信じようとしないのです。そんな、ユダヤ人たちに、主イエスは、言われています。

「一歩踏み込んで、私を自分のものにしてご覧なさい。そうしたら、あなた方は、決して飢えることはない。決して乾くことはない」。主イエスは、そのように約束をしておられるのです。

それに加えて、主イエスが、ここで、もう一つ、約束されたことがあります。

「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない」。

私のもとに来て、私を食べた人を、私は、決して追い出さない。

主イエスが、わざわざ、このように約束されたのは、私たちが弱いからです。

信仰者とは、「私を食べなさい」と言われた、主イエスのお言葉を、受け容れた者です。

主イエスという、命のパンを、頂いて食べた者たちです。

しかし、私たちは、弱いために、しばしば、主イエスを見失ってしまうのです。そして、不安になったり、望みを失ったり、してしまうのです。

でも、主イエスは、そんな私たちに対して、こう言われるのです。

そういうあなた方であっても、私のもとに来る限り、私が追い出すことは決してない。

これは、本当に嬉しいお言葉です。

父なる神様もまた、預言者イザヤを通して、こう言われています。

イザヤ書49章15節の御言葉です。『女が自分の乳飲み子を忘れるであろうか。母親が自分の産んだ子を憐れまないであろうか。たとえ、女たちが忘れようとも/わたしがあなたを忘れることは決してない。 見よ、わたしはあなたを/わたしの手のひらに刻みつける。』

たとえ、母親が、自分の産んだ子を、忘れるようなことがあっても、私が、あなたのことを、忘れることは、決してない。なぜなら、私は、あなたのことを、私の手の平に、刻みつけているからだ。何と力強い約束でしょうか。

主イエスも、私たちを見捨てたり、追い出したりすることは、決してない、と約束してくださっています。こんなダメな私たちなのに、何故、決して見捨てない、と言われるのでしょうか。

それは、神様が、私たちを、主イエスに、お与えになったからだ、というのです。

私たちは、自分の愛する人には、自分の最も大切なものを、与えたいと思うものです。

父なる神様が、最も愛しておられるのは、独り子なる主イエスです。

その最愛の独り子である主イエスに、父なる神様が、最も大切なものとして与えた贈り物。

それが、私たちだというのです。父なる神様が、主イエスに与えられた、最高のプレゼント。

それが、主イエスのもとに来る人たち、つまり、私たちだ、というのです。

神様は、主イエスに、こう言われているのです。この人たちは、私の大切な宝物です。

私は、この宝物を、愛するあなたに与えます。どうか、この人たちを、受け入れてください。決して追い出さないでください。

そして、これらの人々が、皆、永遠の命を得ることが出来るように、救ってください。

終わりの日に、復活することができるように、道を備えてください。

神様は、そう言われて、私たちを、主イエスに与えられたのです。

ですから、主イエスは、ご自身のもとに来る、すべての人を、父なる神様からの、大切な贈り物として、喜んでくださるのです。決して、退けたりしない、と言われるのです。

あなた方は、父なる神様が、私に与えてくださった、大切なプレゼントなのだ。

だから、私は、あなた方のことを、決して捨てない。いや、捨てられないのだ、と言われているのです。

たとえ、私たちが、主イエスのもとから、離れて行ってしまっても、主イエスは、尚も言われるのです。

「あなたが、私を捨てようとも、私は、決してあなたを捨てない。だから、何度でも、繰り返して、私の所に来たら良い。イエス様、もう一度来ました、と言って来たら良い。そして、私を食べたら良い。そういう人を、私は決して、見捨てない」。主イエスは、そう言っておられるのです。ですから、私たちは、「イエス様、ありがとうございます」と言って、主イエスのもとに、戻って行けば良いのです。あの放蕩息子のように、戻っていけばよいのです。

私たちには、それ以上のことは、できないのです。

神様の御心は、主イエスを見て信じる者が、すべて、永遠の命を得ることだ、と主イエスは仰いました。主イエスを信じる者、全員です。一人残らず、なのです。

神様は、この人は、救われなくて良い、などとは、絶対に仰いません。どんな人でも救いたい。一人残らず救いたい。それが、神様の御心なのです。

私には、3人の子どもがいます。その内の一人が、もし旅先で事故に遭って、生死が不明となったら、私は、何をおいても、事故現場に、駆けつけると思います。たとえそこが、地の果てであっても、何がなんでも、駆けつけます。

「でもまだ、二人いるから、まぁ、いいか」、等とは、決して思いません。

仮に、子どもが、10人いたとしても、同じだと思います。一人も失いたくないのです。

父なる神様の、御心も同じです。この世界に、どんなに多くの人がいても、何十億という人がいても、その一人も、滅びることがないように、と切に願っておられるのです。

私たち一人一人は、それほどに、大切な存在と、されているのです。

主イエスは言われています。「わたしの父の御心は、子を見て信じる者が、皆、永遠の命を得ることである」。

今の時代に生きる私たちは、主イエスのお姿を、肉体の目をもっては、見ていません。

しかし、聖書を通して、主イエスに出会い、信仰の目によって、心の目によって、主イエスを見て、信じています。

一方、この時のユダヤ人たちは、主イエスを、肉体の目で、実際に見ていました。

しかも、そこにいた人たちは、あの5千人を養った、パンの奇蹟をも、見ていた人たちです。

それなのに、誰も信じなかったのです。信じないどころか、挙げ句の果てに、主イエスを十字架にかけて殺してしまったのです。

やがて、復活された主イエスは、弟子のトマスに言われました。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は幸いである」。この言葉は、このように説明することが出来ます。

「あなたは、肉体の目を持って、見たから信じたのか。肉体の目では見えなくても、心の目で、信仰の目で、私を捕え、私を見ることができる者は幸いである。」

私たちは、「命のパン」である、主イエスを食べることによって、心の目で、信仰の目で、主イエスを見ることができます。信じることができます。そして、永遠の命に生かされます。

それが、私たちの喜びの基です。希望の基です。

主イエスは、そのような幸いに、私たちを招いてくだっているのです。

感謝して、喜んで、命のパンである主イエスを、いただこうではありませんか。