MENU

ボクシング・デー

「ボクシング・デー」

2014年12月31日

クリスマスの翌日の12月26日はボクシング・デー(Boxing Day)と呼ばれていますが、拳闘をする日ではありません。クリスマスボックスを開ける日という意味です。ボクシング・デーは、イギリスを始め旧英連邦諸国や北欧諸国で守られている祭日です。アメリカでは祭日とされていませんから、アメリカ文化の影響が強い日本ではあまり知られていません。ボクシング・デーの由来にはいくつかの説があるようですが、その中の二つを紹介します。教会がクリスマスの前に、貧しい人たちのために寄付箱を設置して寄付を募り、クリスマスの翌日に箱を開けて人々に配ったという説。もう一つは、クリスマスの日も主人の為に仕えなくてはならなかった召使いたちに、その見返りとして翌日を休日にして家族と一緒に過ごすことを許し、箱にギフトとボーナスを入れて召使いたちに配布したという説。現在でも、この日に、クリスマスでも働かなければならなかった郵便配達の人や、新聞やミルクを配達する人などに、箱入りのプレゼントを贈る習慣が一部に残っているそうです。ボクシング・デーとは拳闘をする日ではなく、貧しい人たちや弱い人たちのことを考える心優しい思いから起こった祝日なのです。

「行かないで」

2014年12月28日

アメリカのある村の教会の教会学校に、一人の知的障害の男の子がいました。先生たちはクリスマスページェントで、その子にも役を用意しました。セリフはただ一つ、「満員で部屋はありません」。そして家畜小屋を指す役でした。男の子は嬉しくて毎日練習しました。当日、いよいよ男の子の出番です。皆が祈るような気持ちで見守っていました。「満員で部屋はありません」、そして家畜小屋の方を指しました。皆は、ホッと安心しました。ところが、とぼとぼと家畜小屋に向かうマリアとヨセフを見ていた男の子の目に涙が溢れ、泣きながら二人の後について叫んだのです。「行かないで。家畜小屋は寒いし汚いよ。僕の家においでよ。イエス様を暖かい所で産んであげて。」ページェントはめちゃくちゃになりました。しかし、どんなページェントよりも深い感動を皆の心に残しました。私たちの心は、そして私たちの家庭は、イエス様をお迎えする用意がなされているでしょうか。イエス様をお迎えするために、愛、喜び、平和、希望の火が、暖かく灯されているでしょうか。マザーテレサは問い掛けています。「もしマリアとヨセフが現代、宿を求めている時、あなたの家庭を選ぶでしょうか。」

「はやぶさ、ロウソク、イエス様」

2014年12月21日

12月3日に小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げられました。太陽系や生命の起源に一筋の光を当てるために、6年がかりで往復52億キロを旅して、小惑星から岩石を持ち帰ります。先代の「はやぶさ」は、最後には自らを燃やし尽くして、その大切な使命を果たしました。この「はやぶさ」の姿はロウソクを想い起させます。ロウソクは世の中に光をもたらすために、自らを燃やし尽くします。アドベントの期間、私たちはロウソクの温かい光から、慰めと平安を与えられています。この「はやぶさ」とロウソクは、どちらも主イエスを想い起させます。「はやぶさ」は、命の起源に一筋の光をもたらすために、何十億キロという距離を旅して、宇宙の遥か彼方から帰ってきます。主イエスも、私たちに永遠の命の光をもたらすために、無限の距離を超えて来てくださいました。そして、この世の暗闇を照らすために、ロウソクのように、ご自身の命を十字架において燃やし尽くされました。美智子皇后が詠まれた歌、「その帰路に 己を焼きし 「はやぶさ」の 光輝かに 明かるかりしと」。不遜ながら、これをこのように替えてみました。「十字架に 己を焼きし キリストの 光輝かに 明かるかりしと」。

「クリスマスカード」

2014年12月7日

メリー・クリスマスの「メリー」とは、「楽しい」という意味ですが、元々は「勇敢な」という意味を持っていました。ですから「メリー・クリスマス」とは、単に楽しいということだけでなく、困難な状況にあっても主イエスが共にいてくださるので勇敢に生き抜くことが出来る、という意味も持っているのです。皆さんの中には、家族を亡くされた方にクリスマスカードを送るべきか、迷われた経験をお持ちの方もおられるでしょう。しかし、悲しみの中におられるからこそ、慰めを届けることに意味があるのではないでしょうか。「メリー・クリスマス」とは、悲しみの中にあっても、主イエスが共にいてくださるので前を向いて生きていく、という意味があることを覚えて、慰め主なる主イエスがあなたと共にいますように、という祈りを込めて送ることは許されると思います。『クリスマスは、…どんな悲しみ、苦しみの底にいる人でも打ち勝つことができる慰めが与えられた出来事の祝いです。だから闇にうずくまっている人のところにこそ届けるべきなのです。私たちが天使になり、その喜びの歌声を届けましょう!』(今年奥様を天に送られた加藤常昭師の言葉、「信徒の友」12月号より)。