MENU

「凶」と「安」

「「凶」と「安」」

2015年12月27日

吉野弘さんという詩人の作品は、漢字を題材にしたものが多くあります。「同類」という短い詩も漢字を題材にしています。「脳も胸も、その図らいも/凶器の隠し場所」。脳や胸には「凶」の字が隠れている。人間は善人そうに見えても、誰もが、凶器のような野蛮な思いを心の奥底に抱いている。そんな人間の悲しい姿を詠った詩です。2015年を表す漢字に「安」という字が選ばれました。安全保障関連法案をめぐる激しい論争や、隣国との緊張や頻発するテロで、人心が不安になったことなどが理由に挙げられました。確かに平和の大切さを、より身近に感じるようになりました。世界の人々が、互いに違いを認め合い、受け入れ合って生きることができれば、どんなに素晴らしいでしょうか。過去の出来事で、間違っていたことは素直に認め、謝るべきことは謝ることが必要でしょう。もし私たちクリスチャンが、その先頭に立つことができれば、どんなに幸いでしょうか。クリスチャンだからできるのではありません。クリスチャンであっても、主を見上げて祈らなければできません。私たちの罪を赦すために十字架にかかってくださった主イエスを見上げて、新しい年に向かって歩み出しましょう。

「犬を愛したおじいさん」

2015年12月20日

昔々、とても優しいおじいさんが、独り息子と一緒に幸せに住んでいました。そのおじいさんには犬を造るという特技がありました。一匹一匹、心を込めて造っていました。自分の幸せを犬たちと分かち合いたいと願っていたのです。やがて家は犬でいっぱいになりました。息子と相談して、犬たちを近くの野原に放して、餌をふんだんに与えて、自由に伸び伸びと、幸せに過ごすように計らいました。数日後、息子と一緒に犬を見に行きました。近づくにつれて、犬たちの吠え声が聞こえてきました。なんと犬たちは皆争って、噛みつき合い、殺し合っていました。深く心を痛めた親子は、どうしたら犬たちを救うことができるか話し合いました。息子が言いました。「お父さん、僕が犬になります。そして犬たちに、お父さんに愛されていることを知らせます」。父親が、「そんなことをしたら、犬たちに噛み殺されてしまうよ」と言いました。息子が答えます。「恐らくそうなるでしょう。しかし何匹かは、お父さんの愛を信じて、他の犬たちに教えてくれるでしょう。そしていつか、全世界の犬たちが愛し合って生きられる社会に変えてくれるでしょう」。クリスマスの出来事を象徴する例話です。

「サンタクロースはいるの?」

2015年12月13日

友達から「サンタクロースなんていない」と言われたバージニアは新聞社に手紙を書きました。「教えて。サンタクロースはいるの?」新聞社から返事がきました。「バージニア、サンタクロースがいるというのは決して嘘ではありません。この世の中に、愛や思いやりや、真心があるのと同じように、サンタクロースも確かにいるのです。あなたにも分かっているでしょう。この世界に満ち溢れている愛や真心こそ、あなたの毎日の生活を美しくし、楽しくしているものだということを…もしもサンタクロースがいなかったら、この世の中はどんなに暗く寂しいことでしょう。あなたのような可愛らしい子どもたちのいない世界が考えられないのと同じように、サンタクロースがいない世界なんて想像もできません。サンタクロースがいなければ、私たち人間の味わう喜びは、ただ目に見えるもの、手で触れるもの、感じるものだけになってしまうでしょう。サンタクロースを見た人はいません。けれども、それはサンタクロースがいないという証明にはならないのです。この世界で一番確かなこと、それは子どもの目にも、大人の目にも、見えないものなのですから。」あなたならバージニアになんと答えますか。

「楽しみもあるクリスマス」

2015年12月6日

牧師であり神学者であった佐藤敏夫先生の話です。佐藤先生は若くして太平洋戦争で南方に派遣され、厳しい軍事訓練で心身ともに疲れ果てていました。その日も厳しい訓練を経て、上官の革靴を磨いていました。その時ふと、「あ、明日はもうクリスマスだ」と思い出しました。緊張の毎日でクリスマスのことも忘れていたのです。クリスチャンの彼はクリスマスの意味がよく分かっていました。その時、戦争がもたらす苦悩や不条理で心がいっぱいだったのに、それらの越えて不思議な喜びが起こってきました。その喜びは、魂の深みから起って来るすべてを包む喜びでした。戦後、平和な時代となり、牧師となった彼は、教会でクリスマスの礼拝と共に祝会も守るようになりました。しかし楽しいクリスマスはしっくりゆかなかったのです。本当のクリスマスはこのように浮かれたものではない。罪と死に支配されているかに見える、人間の存在そのものを、最も深いところで支える深い喜びそのものである筈だ、との思いがあったからです。でも、楽しそうにしている子供たちや教会員の姿を見て、彼は、「楽しみさえもある、喜びのクリスマス」を、素直に受け入れられるようになっていったのです。

「理解されない愛」

2015年11月29日

東日本大震災直後、「思い」は見えないけれど「思いやり」は誰にでもみえる、という言葉がテレビで頻繁に流されました。確かに「思い」よりは「思いやり」は見えやすいですが、「誰にでも見える」のかは疑問です。精一杯の思いやりを、受け止めてもらえなくて苦悩している人は沢山いるからです。ところで、思いやりを受け止めてもらえなくて、一番悲しい思いをされたのは、他ならぬ主イエスなのではないでしょうか。あの時人々は、主イエスの思いやりを受け止めることが出来なかった。いや、思いやりなどと言うような生易しいものではない。主イエスの命懸けの愛を受け止めることが出来なかった。一番身近にいた弟子たちでさえ、その愛を見ることが出来なかったのです。ですから、主イエスは、人々の無理解の中を、お一人で十字架に向かわれたのです。最後まで、孤独の中を歩まれたのです。私たちも、思いやりが受け止められないという経験をする時があります。でも、そのような時は、十字架の主を見上げていきたいと思います。十字架の主イエスは、きっと私たちにこう言われると思います。私は、あなたの悲しみを知っている。私自身が、もっと深い悲しみを味わったから。

「主によって尚も喜ぶ」

2015年11月22日

60年ほど前、若いアメリカ人女性宣教師が滋賀県の長浜で伝道を始められました。先生は熱い祈りと期待をもって3日間に亘る伝集会を計画したそうです。祈りつつ参加者が来るのをひたすら待ちました。しかし、祈りに祈って待ち続けたにも拘らず、一人の参加者も与えられなかったのです。先生は本当に失望して、もうこの地における伝道は諦めようと思ったそうです。しかし、その翌朝のディボーションの時にハバクク書の3章17節~18節が示されたそうです。「いちじくの木に花は咲かず/ぶどうの枝は実をつけず/オリーブは収穫の期待を裏切り/田畑は食物を生ぜず/羊はおりから断たれ/牛舎には牛がいなくなる。しかし、わたしは主によって喜び/わが救いの神のゆえに踊る」。この御言葉が先生の心に飛び込んできました。いちじくも、ぶどうも、オリーブも、そして田畑の麦や野菜も何一つ実を結ばず、羊も牛もいなくなってしまった。どこにも喜びが見えない。しかし、私には主がいてくださる。この主によって、私は尚も喜ぶことが出来る。尚も踊ることが出来る。この御言葉に励まされて、先生は再び立ち上がり、長い苦労の末に現在の長浜キリスト教会が立てられたそうです。

「幸せになる秘訣」

2015年11月15日

ある村にエレーナという少女が住んでいました。ある日エレーナは、木イチゴの茂みの中に蝶がからまって、もがいているのを見つけました。エレーナは羽が傷つかないように注意しながら、蝶を逃がしてあげました。蝶はエレーナに言いました。「優しく親切にして頂いたお返しにあなたが一番望むことをかなえてあげましょう」。エレーナは答えました。「それは幸せになることです」。蝶は、エレーナに何やら囁いて飛び去りました。やがてエレーナは成長し、村一番の幸せ者になりました。村人がエレーナに幸せの秘密を尋ねると、彼女は「私は蝶の言つけを守ってきただけなのよ」と答えました。月日が過ぎ、エレーナは老人となりましたが、やはり村一番の幸せ者でした。人々は、亡くなる前にエレーナの幸せの秘密を是非とも知りたいと思って、エレーナに熱心に尋ねました。エレーナはついにその秘密を明かしました。「蝶は、私に教えてくれたのよ。私の出会うどんな人に対しても、その人のためにお仕えして、私の真心を尽くしなさいって」。これは主イエスが仰った言葉と同じです。「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」(マタイによる福音書 7:12)

「幸せのかけら」

2015年11月8日

「マリナと千冊の絵本」という本があります。著者の原ひろこさんの4人目の子(二女)のマリナさんは、生後2週間で細菌性の骨髄炎に罹り、脳に重い障害を負ってしまいます。マリナさんが4歳の時からひろこさんは一日20冊のペースで絵本を読んで聞かせました。普通に会話もできないマリナさん。「でも、絶対にいつかはお話できるようになる」。その想いを胸に21歳の時(2007年)までに、およそ千冊の絵本を読んで聞かせました。この本の中に「幸せのかけら」という詩があります。「何もなかったように過ぎていく毎日/わけもなく過ぎていく日々/どの日もこの日も 大切に思えるのは/あなたがいるから……あなたが何かひとつ出来るたび/うおおーと 大きな声で叫びたくなる/当たり前のことが 奇跡のように思える瞬間/心の底から喜びが沸き立ち 感謝せずにはいられなくなる/あなたがいるから/母さんは/幸せのかけら拾いの名人になれた」。ミッションスクールの毎朝の礼拝が、いやで堪らなかった。でもその時に聞いた聖書の言葉が色々なピンチの中でよみがえってきて、この苦労も神様が与えてくれたもので、何か意味があるかもしれないと思うようになった、と原さんは書いています。

「ルターを支えた御言葉」

2015年11月1日

昨日(10月31日)は宗教改革記念日でした。498年前(1517年)の10月31日、マルティン・ルターがヴィッテンベルク城教会の扉に95ヶ条の論題を張り出したことから宗教改革のうねりが起こりました。ルターが、「信仰によってのみ義とされる(信仰義認)」という福音の再発見をしたのは、ヴィッテンベルク大学の塔内の図書室においてローマの信徒への手紙を読んでいた時であると言われています。ルターの宗教改革の出発点において与えられたのがローマの信徒への手紙であったとすれば、ルターの人生の最後に与えられた御言葉は何だったのでしょうか。ルターは最期に、ヨハネによる福音書3章16節の御言葉を祈りつつ息を引き取ったそうです。「『神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである』。これは本当のことだ」。これがルターの最後の言葉であると伝えられています。ヨハネによる福音書3章16節の御言葉は「小福音」とも呼ばれていて、この御言葉に福音書全体が要約されていると言われています。生涯を通して厳しい信仰の戦いをしたルターは、最後まで福音の恵みに生かされつつ歩んだのです。

「最も美しい音は聞こえない?」

2015年10月25日

音楽プロデューサーの輪嶋東太郎さんがこんな文を書いています。『韓国のテノール歌手ベー・チェチョル。アジアのオペラ史上最高のテノールと称されたが、甲状腺のがんにより人間が声を発するために必要な神経のすべてを切断するという悲劇を経験しながら、人類の歴史上でいまだかつてないような奇跡を体現し、舞台に復帰。多くの人にその歌を通して、愛と祈りを伝えている。演奏会で、必ず歌う前に後ろを向いて短く祈りをささげる彼に、「何を祈っているのか」と尋ねたことがあった。「一音たりとも、自分をひけらかすということがなくなりますように。すべての音を、あなたのために歌う自分でいられるように、私を縛ってください」と神様に祈っている。彼は私にそう答えた。その彼と共に歩く道を与えられた私は、その過程で主に出会い、そして「音楽の最も美しい部分は、耳には聞こえない」という、宝のような気づきを得た。それは、愛や祈りのような、一種の周波数のようなものなのかもしれない。』状況は異なりますが、私も説教の前に同じような祈りを献げます。「どうか、一言たりとも自分をひけらかすことがありませんように。ただ主の栄光のみが輝きますように。」