MENU

クリスマスの歌(5)メサイア

「クリスマスの歌(5)メサイア」

2016年12月25日

ヘンデル作曲によるメサイア。日本では、クリスマスに演奏されますが、ヨーロッパではイースターに演奏されることが多いそうです。茅ケ崎恵泉教会はクリスマスにも、イースターにも、ハレルヤ・コーラスを合唱します。日本とヨーロッパ、両方の慣習を取り入れていると言えます。救い主イエスの御業を讃えるこの曲は、実は、作曲者ヘンデル自身が主イエスによって癒され、見事に立ち直った証しの作品なのです。当時、ヘンデルは破産状態にありました。その上、脳出血で倒れ、最悪の状況にあったのです。ヘンデルの友人のチャールズ・ジェネンズは、落ち込んでいるヘンデルを励ます最高の方法は、彼が全力を注いで、作曲できる台本を書くことだと思い、旧約聖書の預言の成就としてイエス・キリストの降誕・受難・復活を描いた台本を書いて、ヘンデルに送りました。ヘンデルは、その台本によって奇跡的に立ち直って、僅か24日間でメサイアを書き終えたのです。作曲の途中で、彼は何度も、涙を流したそうです。ハレルヤ・コーラスを書いている時も、彼は目に涙をためながら、こう叫んだそうです。「私の目の前に天の国が開かれ、偉大な神ご自身の姿が見えたような気がする!」

「クリスマスの歌(4)暗き闇に星光り」

2016年12月18日

讃美歌278番「暗き闇に 星光り」はクリスマスで歌われますが、教会暦では1月6日の公現日の讃美歌とされています。作詞者のレジナルド・ヒーバーは英国国教会の牧師です。彼は伝道先のインドの地で、42歳で召されるまでに、300の讃美歌を書きました。彼の死後、彼の讃美歌集が発表されましたが、発表されるや20人ほどの作曲家たちが、この讃美歌のために曲を作りました。その中で一番優れていたのがジョン・ハーディングの曲でした。ヒーバーは、大地主の息子として、裕福な家庭に育ち、幼い頃から優れた知性に恵まれていました。しかし彼は優しい心の持主で、貧しい人を見ると直ぐお金を与えてしまうので、親は小遣いを渡す時は、それをポケットに縫い付けたと言われています。外国伝道への熱い思いを持っていた彼は、1823年にインドのカルカッタの主教となって赴任します。先に生後6ヶ月で長女を失い、次女も病弱であったので、彼にとって厳しい決断でした。しかし着任すると彼は、全力を尽くしてインドの貧しい人々のために尽くし、短い生涯をその地で終えたのです。278番の4節は歌っています。「貧しき身の、歌と祈り、主は喜び、受けたもう」。

「クリスマスの歌(3)ああベツレヘムよ」

2016年12月11日

讃美歌267番「ああベツレヘムよ」の作詞者は、聖公会の牧師であったフィリップス・ブルックスです。1865年のクリスマスイブ。彼は、ベツレヘムの聖誕教会のイブ礼拝に出席していました。底冷えのする石の教会での五時間でしたが、彼の心は幼な子イエスを慕う気持ちで燃えていました。それから三年後、彼はその時のことを想い起こしつつ日曜学校の生徒たちのために、この讃美歌を作りました。そして日曜学校の校長でオルガニストのルイス・レッドナーに作曲を依頼しました。しかしレッドナーにはどうしても良い曲が浮かんできません。弱り切って寝込んだ土曜日の夜、耳元で囁く天使の声が聞こえて目が覚め、示されたメロディーを書き取って、やっと日曜日に間に合ったそうです。この歌は5節でこう歌っています(英文の直訳)。「私たちの心に入り、今日、私たちの中に生まれてください」。これは今年のクリスマスのテーマ「主をお迎えしよう~心の戸を開いて~」を、祈りの言葉に言い換えたものです。17世紀の詩人シレジウスはこのように歌っています。「キリストがベツレヘムに千回生まれようとも、あなたの心に生まれなければ、あなたの魂は救われません」。

「クリスマスの歌(2) 日本人が創った讃美歌」

2016年12月4日

クリスマスの讃美歌の中に、日本人によって作詞、作曲された讃美歌が二つあります。一つは、268番「朝日は昇りて 世を照らせり」です。この曲は日本で二番目にプロテスタントの牧師となった奥野昌綱の作詞、鳥居忠五郎の作曲によるものです。奥野はヘボン宣教師の日本語の教師として、日本最初の和英辞書の作成を手伝い、更に聖書翻訳の仕事も手伝いました。その過程で、聖書の言葉に深く感動するようになり、明治五年に洗礼を受けました。彼は讃美歌の翻訳や創作にも深く関わり、266番の他にも、543番(旧讃美歌537番)の歌詞も作っています。もう一つは、251番「羊はねむれり 草の床に」です。この讃美歌の美しい歌詞は三輪源造の作詞によるものです。そしてこの曲も鳥居忠五郎が作曲しました。この讃美歌の素晴らしさに感動した一人の宣教師がいました。敬和学園の校長を務めていたジョン・モス牧師です。彼はこの讃美歌を英訳して、母国アメリカに紹介しました。静かで清らかな旋律は、米国でも愛され、現在、五種類の英語の賛美歌集に収録されています。これからも、日本人が作った讃美歌が、世界中の人々に愛唱されるようになることを願っています。