MENU

善き力に守られて

「善き力に守られて」

2017年8月13日

ヒトラーに反対したため捕えられ、終戦の僅か1ヶ月前に処刑されたボンヘッファー牧師が獄中で書いた「善き力に守られて」という詩があります。その詩をもとにした讃美歌が作られ讃美歌21の469番(新生讃美歌では73番)となっています。このような歌詞です。『(1)善き力にわれかこまれ、/守りなぐさめられて、/世の悩み共に分かち、/新しい日を望もう。(2)過ぎた日々の悩み重く/なお、のしかかるときも、/さわぎ立つ心しずめ、/み旨にしたがいゆく。(3)たとい主から差し出される/杯は苦くても、/恐れず、感謝をこめて、/愛する手から受けよう。(4)輝かせよ、主のともし火、/われらの闇の中に。/望みを主の手にゆだね、/来たるべき朝を待とう。(5)善き力に守られつつ、/来たるべき時を待とう/夜も朝もいつも神は/われらと共にいます。』死の間際にあっても、ボンヘッファーは絶望することなく、その全存在をもって戦い、耐え、時には激しく動揺しつつも、尚そこで神の光を見ていたのです。それは、どんな時も彼が神の善き力に守られていたからです。ですからこのような詩を作ることができたのです。この詩はボンヘッファーの遺言とも言えるのではないでしょうか。

「私の年齢は一日」

2017年8月6日

会堂建築委員会の委員は、新しく会堂を建てた諸教会を、手分けして訪問して色々なことを学んでいます。どの教会の建物にも、教会員の熱い思いと祈りがこめられていて、教えられることが多くあります。先日、ある教会を訪問した時、会堂に時計が一つもないことを知らされました。時間を気にせずに礼拝に集中するために、敢えて時計を置いていないそうです。「なるほどなぁ」と思いました。ところで、エスキモーは絶対に自分の年齢を明かさないそうです。「何歳ですか」と聞かれても、「知らないし、関心もない」と答えるそうです。それでも尚も聞かれれば、沈みかけた太陽を見ながら、「そうだね、もうすぐ一日だ」と返事をします。彼らは、夜、寝る時に現世に死に、朝、目覚める時に甦って、また新しい人生が始まると考えるそうです。ですからいつも年齢は一日なのです。北極地帯の厳しい環境で生きる彼らは、一日一日を生き抜くことに集中しているのです。主イエスは、山上の説教において、明日のことを思い煩わずに、今日なすべきことに集中することを教えられました。「私の年齢はいつも一日です」という気持ちで、その日になすべきことに集中していきたいものですね。