MENU

私の年齢は一日

「私の年齢は一日」

2017年8月6日

会堂建築委員会の委員は、新しく会堂を建てた諸教会を、手分けして訪問して色々なことを学んでいます。どの教会の建物にも、教会員の熱い思いと祈りがこめられていて、教えられることが多くあります。先日、ある教会を訪問した時、会堂に時計が一つもないことを知らされました。時間を気にせずに礼拝に集中するために、敢えて時計を置いていないそうです。「なるほどなぁ」と思いました。ところで、エスキモーは絶対に自分の年齢を明かさないそうです。「何歳ですか」と聞かれても、「知らないし、関心もない」と答えるそうです。それでも尚も聞かれれば、沈みかけた太陽を見ながら、「そうだね、もうすぐ一日だ」と返事をします。彼らは、夜、寝る時に現世に死に、朝、目覚める時に甦って、また新しい人生が始まると考えるそうです。ですからいつも年齢は一日なのです。北極地帯の厳しい環境で生きる彼らは、一日一日を生き抜くことに集中しているのです。主イエスは、山上の説教において、明日のことを思い煩わずに、今日なすべきことに集中することを教えられました。「私の年齢はいつも一日です」という気持ちで、その日になすべきことに集中していきたいものですね。