MENU

謙遜な作曲者・岡野貞一

「謙遜な作曲者・岡野貞一」

2017年9月24日

「うさぎ追いし/かの山/小鮒釣りし/かの川」。この唱歌は高野辰之作詞、岡野貞一作曲によるものです。二人は「もみじ」「春の小川」「おぼろ月夜」「春が来た」「故郷の空」など、多くの名曲を生み出しています。その割には、岡野貞一の名は知られていません。それは、彼が自分の業績を家族にすら明かしていなかったからだと言われています。家族も葬儀の席で初めて彼が数々の名曲の作曲者だったと知ったほどですから、彼の謙遜振りは徹底しています。岡野は63歳で召されるまで東京・本郷中央教会(中村和子姉の母教会)の礼拝奏楽者・聖歌隊指導者として42年間仕えました。彼のオルガンは終生伴奏者に徹した弾き方だったと伝えられています。岡野の葬儀が行なわれた翌週の教会週報には次のような文が掲載されました。「岡野先生は42年に亘って教会の最も忠実なオルガニストでした。東京音楽学校教授として、日本の音楽界の指導者として非常な激職にあったにも拘らず、聖日の礼拝には必ず出席されオルガンを通して礼拝を援けられ、その上聖歌隊をご指導くださいました。先生の黙々としてなされた全てのご奉仕が主によって永遠に祝福せられることと信じます。」