MENU

愛の定義

「愛の定義」

2018年2月11日

以前、アメリカのある新聞が言葉の定義コンテストを開きました。選ばれた定義の中には「なるほどなぁ」と思うようなものがいくつかありました。例えば、お金とは「天国以外のすべてのところに連れて行き、幸せ以外のすべてのものを買うことができる手段」だそうです。友達とは「全世界があなたから離れて行った時、ひとり駆け寄ってくれる人のこと」だそうです。では愛とは一体何でしょうか。選ばれた定義の一つは「あなたの存在を喜ぶこと」というものでした。人は、相手の持っている財産や、容姿や、才能を喜ぶことはできます。しかし本当の愛は、その人の持ち物や、容姿や、才能ではなく、その人の存在そのものを受け入れて喜ぶ心です。神様の愛とはそのような愛です。イザヤ書43章4節はこう言っています。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(新改訳聖書)」この御言葉は、私たちをそのまま、ありのままに受け入れ、喜んでくださる神様の愛を伝えています。神様は、私たち一人一人を、かけがえのない存在として造ってくださいました。ですから神様は、どのような時にも、ご自身の自信作を決して見捨てず、共にいてくださるのです。