MENU

砂漠に植えられた木

「砂漠に植えられた木」

2018年7月15日

鳥取大教授を退官した遠山正瑛という人がゴビ砂漠にポプラの木三百万本を植えようと決意しました。思い立ってから7年後遠山氏72歳の時、日本からのボランティア数十人と現地へ飛び立ちました。現地の人からバカにされながらも遠山氏とボランティアはひたすらポプラを植え続けました。最初の年は八千本しか植林できませんでした。これでは二百年かかります。計画は日本人中心から現地の人を使っての植林へと変わっていきました。現地の人を忍耐強く教育・指導し、植えた木の剪定をする。そういう根気の要る仕事を黙々としていく内に、先ず日本人ボランティアが変わっていきました。そして現地の人たちも将来に希望を持ち始めました。2001年遠山氏95歳の時、植林は目標の三百万本に到達しました。かつての砂漠はポプラの森が広がる緑地となり動物たちが住むようになりました。今ポプラの森の中では畑がつくられ農業が始まっています。ポプラは砂漠になど植えられたくなったかもしれません。しかしそこで一生懸命に生きた結果、そこは緑の森となり人々や動物が集まってくるようになりました。私たちも置かれた場所で精一杯生きるなら神様は尊く用いてくださるのです。