MENU

本当の証し

「本当の証し」

2018年7月29日

ある牧師がこのようなことを書いておられます。『先日、自分の半生記を書いたところ、それを読んだノンクリスチャンの方から、「あなたの人生には挫折がないようですね。あなたはすばらしい人ですね」と言われた。この言葉を頂いて、私の書き方が甘かったと、反省させられた。「あなたはすばらしい人ですね」と言われる証しは、本当の証しではない。人間がほめたたえられるのではなく、神がほめたたえられる証しが本当である。「あなたをそのように変えてくださった神様はすばらしい方ですね」と言われる時に、クリスチャン冥利に尽きると言わねばならない。しかし、「あなたには挫折がないようですね」という言葉を聞いて考えさせられた。挫折と言うなら、主イエスの十字架以上の挫折があるだろうか。人間の目から見れば完全な挫折である。しかし、神はその挫折を用いて、我らを罪から救う「救いの道」をひらき、復活によって挫折を覆して栄光を顕された。だから十字架と復活を信じる信仰の道には明るさがある。その明るさがクリスチャンの証しにはある筈である。私の拙い証しにも、幾分かその明るさを感じて「挫折がない」と言ってくれたのなら、素直に喜ぼうと思う。』