MENU

トラクト配りの思い出

「トラクト配りの思い出」

2018年9月30日

11月から12月にかけてチラシが多く作られます。11月3日の「ヴァイオリンと鍵盤楽器のコンサート」、11日の子ども祝福の祈り、23日のバザー、そしてクリスマスのご案内。製作される方々が、心を込めて、また工夫を凝らして素晴らしいチラシやポスターを作ってくださいます。そして多くの方々が協力してチラシを配ってくださいます。私が神学生であった頃、夏期派遣先の教会でよくトラクト配りをしました。住宅街の教会だとトラクト配りは比較的容易です。大きなマンションを何棟か訪ねれば手にしたトラクトは直ぐになくなってしまいます。ですから見てくれそうな家を選んで入れました。古いチラシがたまっている家に入れませんでした。田舎でのトラクト配りは大変です。隣の家は遥か遠くの田んぼの向こうにぽつんと建っている。50枚配るのに一日掛かってしまうこともあります。郵便受けが奥にあるので入っていって、犬に噛まれそうになったこともありました。家の人に出会って「ご苦労様」と声をかけられたときは嬉しかったことを覚えています。一枚一枚「主よ、用いてください」という短い祈りを込めて配るチラシ。千枚のチラシで一人でも来てくだされば感謝です。