MENU

マケリゴット少年の回心

「マケリゴット少年の回心」

2019年7月14日

パトリク・マケリゴット師は、26歳の時イギリスから宣教師として来日し、日本における伝道のために人生の大半を使われました。しかし少年時代は大のキリスト教嫌いでした。その彼にあるクリスチャンの友達がこんな話をしました。「ある少年が道を渡っている時、ダンプカーが猛スピードで彼にぶつかりそうになった。でも彼は気付かない。その時彼の友達がそれを見て、彼をダンプカーの前から突き飛ばした。しかし助けに行った友達はダンプカーに跳ねられて即死した。もし君が助かった方であるならどうするか」。マケリゴット少年は考えた末にこう言いました。「もし私なら彼の両親のところに行ってこう言う。『あなたの息子が私の為に死んでくれたことに心からお礼申し上げます。あなたの息子が私の代わりに死んでくれたのですから、私はあなたさえ宜しければあなたの息子になります。私はあなたの言う通りに人生を運びます』」。そう言った途端に、マケリゴット少年は自分のために死んでくださった主イエスの愛に気づかされたそうです。そして、もしこれが、神様の私に対する愛であるなら、私は今までの生き方を止めて、別の生き方を生きることができると感じたそうです。

「私たちを強くする言葉」

2019年7月7日

ある電気会社の社長さんがいました。その人はとても気弱な方でした。社長業を引き継ぐ自信がなく「自分には無理だ」と恐れて、いつも「どこかへ蒸発してしまおう」と思い悩む日々が続いていました。そんな時、聖書の一節が彼の心を捉えたのです。「わたしを強めてくださる方のお蔭で、わたしにはすべてが可能です。」(フィリピ4:13)。彼は洗面所の鏡の前にその言葉を張り、毎朝毎晩、鏡に映る自分に向かって、その言葉を宣言しました。それから10年経ちました。従業員10数名だった会社は今では50名となり、不況の波を乗り越え業績を伸ばし続けています。この意気地なしの気弱な人を自信に溢れた男にしたもの。それは毎朝毎晩の「わたしを強めてくださる方のお蔭で、わたしにはすべてが可能です」という御言葉の宣言だったのです。繰り返して語りかける言葉が、次第に彼の心と思いとを占領し、やがて自信に満ちた言葉となり、態度となり、行動となったのです。それは難しいことではありません。すぐにできることです。自分が変身する第一歩は、「わたしを強めてくださる方のお蔭で、わたしにはすべてが可能です」と積極的に大胆に宣言することからスタートするのです。