MENU

あなたはキリストを知っていますか

「あなたはキリストを知っていますか」

2019年1月20日

アメリカの経済、金融政策の要として活躍し、駐西ドイツ大使も務めたアーサー・バーンズはユダヤ系アメリカ人でした。ですから、彼がホワイトハウスでの非公式な祈り会に参加し始めた時、誰も彼にどう接すればいいのか分からず、毎週順番にしていたまとめの祈りも、バーンズだけは特別に外していました。そんなある日、このことを知らない新しい人が祈り会を導くことになりました。祈り会が終わりに近づいた頃、彼はバーンズにまとめの祈りを頼みました。前から出席していた何人かはびっくりして、一体何が起こるかと思いました。しかしバーンズは手を出して輪を作って立っている人々の手を取り、こう祈りました。「主よ、ユダヤ人たちがイエス・キリストを知ることができるよう祈ります。最後に主よ、クリスチャンたちがイエス・キリストを知ることができるように祈ります。ア-メン」アーサー・バーンズの祈りは、ワシントンの伝説的な祈りとなりました。彼は新鮮で率直な祈りによって参加者を驚かせたばかりでなく、クリスチャンとキリスト教に対して、重要かつ必要な指摘を行ったのです。それは「あなたは本当にイエス・キリストを知っていますか」という指摘でした。