MENU

新しい聖書―訳語の変更(その3)

「新しい聖書―訳語の変更(その3)」

2019年3月17日

新しい聖書の翻訳作業で重要な議題となった言葉があります。それはローマの信徒への手紙3章22節などにある言葉で、新共同訳では「キリストを信じることにより」と訳されている「ピスティス・クリストウ」という言葉をどのように訳すかでした。この言葉は「キリストへの信仰」とも「キリストの真実」とも訳すことが可能なのです。そこで新しい聖書では、基本は「キリストへの信仰」としながらも、限定した部分に限って「キリストの真実」と訳しています。限定した部分とは、先程のローマ3:22の他に、ローマ3:25、26、ガラテヤ2:16~20、3:22~26、エフェソ3:12、フィリピ3:9などです。ローマ3:22は新しい聖書では「神の義は、イエス・キリストの真実を通して、信じる者すべてに現わされたのです」となっています。また、ローマ10:11の「主を信じる者は、だれも失望することがない」という言葉は、「主を信じる者は、恥を受けることがない」と訳されています。原文のギリシア語本来の意味と、旧約聖書からの引用であることを考えての変更です。以上はほんの一例ですが、翻訳を担当された先生方は一つ一つの言葉に真剣に向き合い、聖霊の導きを求めつつ作業を進められたのです。