MENU

最も簡潔な信仰告白

「最も簡潔な信仰告白」

2019年3月31日

先週の御言葉、使徒言行録18章5節に、パウロが「メシアはイエスである」と証ししたとありました。今、祈祷会で読んでいるルカによる福音書9章20節では、「あなたはわたしを何者だと言うのか」という主イエスの問いに対して、ペトロが「神からのメシアです」と答えています。パウロもペトロも「イエスはメシアである」と証ししています。新共同訳聖書では「メシア」と訳されていますが、ギリシア語の原文では「キリスト」と書かれています。メシアもキリストも、もともとは「油注がれた者」という意味で救い主のことを指しています。パウロもペトロも「イエスこそキリスト、救い主です」と言ったのです。イエス・キリストと言う時の「キリスト」は、名前ではなくて「救い主」を意味する称号なのです。ですからイエス・キリストという言葉は最も簡潔な信仰告白の言葉なのです。普段私たちは、それほど深く考えずに言っていますが、イエス・キリストと言うたびに、私たちは主イエスに向かって「あなたこそ私の救い主です」と告白しているのです。イエス・キリストと言うたびに、イエスを救い主と信じる信仰を言い表し、そこでキリストを礼拝する思いに導かれているのです。