MENU

あなたの弱さをささげなさい

「あなたの弱さをささげなさい」

2019年8月18日

たった一人で聖書全巻をラテン語に翻訳したヒエロニムスは、その若き日、砂漠での修行中にひどい落ち込みを体験した。その時キリストが彼に現われて、十字架の上から優しくお尋ねになった。「ヒエロニムス、私に何を捧げてくれるのか」。ヒエロニムスは勇んで答えた。「すべてをお捧げします、特にこの辛い砂漠の孤独を」。主は彼に感謝され、またお尋ねになった。「他にまだ何か捧げてくれるものがあるか」。彼はまた答えた。「断食と渇きを」。主はその後も何度かお尋ねになった。「他に何を捧げてくれるのか。」ヒエロニムスはその度によどみなく答えた。徹夜の祈り、霊的読書等々。十字架上の主は、その一つ一つに微笑みながら礼を言われ、また同じ質問をなさるのだった。「独身生活を捧げます。この荒れ地の不便さ、日中の熱さ…」。しかしいよいよ最後にはアイデアも底をつきヒエロニムスは憂鬱になった。これほどの英雄的な犠牲のリストにも主はまだ満足しておられないようなのだ。沈黙が訪れた。その時、主がヒエロニムスを愛しげに見つめて口をお開きになった。「ヒエロニムス。一つ忘れているよ。お前の弱さも私に捧げなさい。お前を赦すことができるように。」