MENU

今こそ日本にキリストを

「今こそ日本にキリストを」

2020年1月19日

内村鑑三の言葉です。「キリストを道徳上の教師と見るなら、キリスト教ははなはだ厭うべきものとなる。何故なら彼の教えるところはあまりに理想的にして、肉なる弱き我らの到底及ぶところではない ことをさとるからである。しかしながらキリストを罪人の救い主と見るなら、キリスト教は非常に慕わしきものとなる。何故ならば、かかる救いは我らが何よりも要求するところのものであって、これあれば、汚れたる我らも多少聖き生涯を送り得べしとの確信が我らの心に湧き出づるからである。我はまことに教師としてのイエスを仰ぐのではない、罪人の救い主 としての彼にすがるのである。」またこうも言っています。「日本国の大困難、その最大困難とは何でありますか。それは、日本人がキリスト教を採用せずして、キリスト教的文明を採用したことであります。これが我が国今日凡ての困難の根本であります。…キリスト教文明とは読んで字のごとく、キリスト教によって起こった文明であります。しかるに、日本人はキリスト教的文明を採用し、その根本たり、原因たり、その精神たり、生命たるキリスト教そのものを採用しないのであります。」まさに今こそ耳を傾けたい言葉です。