MENU

気付かされた恵み

「気付かされた恵み」

2020年6月28日

先日アレセイア湘南中学・高校の礼拝で次のようなことを生徒に語らせて頂きました。「ある人が『生きがい』という言葉を『朝起きる理由』と定義しています。コロナのために自宅に閉じ籠っていた時、朝起きて、何をすべきか分からない、という日もあったかもしれません。それは、辛く苦しい時であったと思います。今、学校に戻って来て、皆さんは感じているのではないでしょうか。一生懸命にやることがある。それは幸せなことなのだと。今まで『何でこんなことしなくてはならないの』と思っていたことも、堪らなく懐かしく思えるのではないでしょうか。友達が普通にいてくれる。先生が自分を待っていてくれる。部活で練習ができる。それが本当に嬉しく思えたのではないでしょうか。聖書はそういうものを「神様の恵み」と言っています。聖書の中にこういう言葉があります。『わたしの恵みはあなたに十分である。』実は、神様の恵みは私たちの周りに溢れているのです。ただ私たちは、普段、それに気付くことが少ないのです。コロナは今まで気づかなかった恵みに気付かせてくれました。今まで気づかなかった神様の恵みを発見すること、が私たちの人生を豊かにしてくれます。」