MENU

切実で率直な祈り

「切実で率直な祈り」

2020年7月26日

まだキリスト教の布教が禁止されていた江戸時代の末期に、多くの宣教師が日本に来て伝道開始の時を待ちました。その中にジョナサン・ゴーブルというアメリカ人宣教師がいました。ゴーブルは、マタイによる福音書を分かり易い言葉に翻訳して印刷しました。これが日本で出版された最初の聖書です。ゴーブルは日本の庶民のことをよく考えていたので、この聖書も読み易いように全部平仮名で書きました。また神様のことを「だんなさん」と言ったり、賛美歌を三味線の伴奏で歌ったりしたそうです。病弱な人のために人力車を発明したとも伝えられています。ゴーブルは、今朝の御言葉、マタイによる福音書6章11節をこのように訳しています。「われらのひびのめし(飯) きょうもわれらにあたえたまえや」。日毎の糧を「めし(飯)」と訳しているのです。この言葉に貧しい庶民の切実な思いが込められているとみることもできます。「日々の糧を 今日与えたまえ」。この祈りは、その日の飯を切実な問題として祈っている、人間の率直な願いを表しています。主の祈りの後半、人間に関する願いの最初に、「飯を今日与えたまえ」、と祈ることを許してくださった主に感謝したいと思います。