MENU

生涯の師

「生涯の師」

2020年11月8日

今朝は茅ヶ崎教会の前牧師櫻井重宣牧師をお迎えして創立記念礼拝を守っています。私が初めて櫻井先生にお会いしたのは今から15年前のことです。当時私は東京聖書学校の神学生でしたが、その神学校に当時広島教会の牧師をされていた櫻井先生が、Y姉という教会の信徒を連れて来られたのです。Y姉が献身の決意を固められ、どの神学校に進むべきか迷っておられた時、櫻井先生がY姉に付き添われて関東地区のいくつかの神学校を同行視察されたのです。わざわざ広島から一日がかりで信徒の神学校選びに付き添われる牧師がいる、ということを知って激しく感動したことを覚えています。Y姉(現、松永教会牧師吉武真理師)にとって櫻井先生は生涯の師とも言える存在であると思います。吉武師の神学校卒業論文は櫻井先生の牧会がテーマでした。ある人が言っています。「生涯の師とは、会うたびに必ず自分にとっての気づきやヒント或いはやる気をもらえるような人です。自分がこの人のようになりたいと思える人である」。こういう人はなかなかいません。しかし私たちにはイエス・キリストというお方が与えられています。このお方を生涯の師とさせて頂ける幸いを感謝したいと思います。