会堂の工事が終了し、すでに礼拝は新しい環境で行っています。先日は、茅ヶ崎教会の牧師館隣接地を購入。購入手続きも無事終了しました。心配されていた予算以上の外構工事のお話しも一段落。600万程の工事に決着しました。当初予定の倍以上の価格ですが押さえるところは押さえ、私たち教会員が労働奉仕で可能な部分は地道にやっていくことで決まりました。様々な物品代、手間賃の値上がり、現状からして当初の予算では困難だったということです。現在入口付近の花壇、ブロック塀の部分の工事が行われています。

入口は車イスの傾斜スロープも設定されています。ブロックの枠組みが設定されて今後花壇になる予定です。

会堂内の吹き抜けフェンス部分の安全性が問題となりました。子ども達がこの吹き抜け部分のフェンスから落ちる可能性があるので委員会でも検討しました。本日、アクリル板を設置する工事が行われていました。

写真下左は手の先に透明のアクリル板で綺麗に覆われています。流石に専門家です。全く視覚的にも差し支えありません。これで子ども達だけでなく、ワンちゃんやネコさん達も通り抜け出来ませんね。良かったです。

本日午後、私たち恵泉教会の隣接地にある茅ヶ崎教会の牧師館購入手続きが終了しました。教会間の譲渡手続きで、両牧師・委員長、両教会員、司法書士との契約手続きでした。実質、不動産業者の仲介はありません。午後2時。新会堂多目的ホールで両者が書面をもとに調印。無事手続きが完了しました。経費節減の為、収入印紙も自前で準備しました。今後は宗教法人として県への申請、教団への購入・譲渡の報告等進める予定です。ただし、現在の新ウィスの関係で、県も教団も事務処理の時間がかかりそうです。「確定申告の手続きが延長してもらえる」と言うこと自体、実のところ処理時間の課題が世の中的にもありそうですね。

柏先生、櫻井先生マスクをしながら固く握手でした。記念撮影はマスクを取って全員でショット!ご苦労様でした。

 

 

3月1日のブログにおいて、牧師館購入の記事を紹介しました。今日、その茅ヶ崎教会牧師館を見学しました。教会間の物件の譲渡、購入ですので仲介業者が入りません。手続きは司法書士、両牧師、役員間で行います。今後は、教団への手続き、県への手続き、本契約と進めらる予定です。譲渡物件は築20年、茅ヶ崎教会櫻井先生ご夫妻が丁寧に使われていましたから、とても綺麗で住みやすい建物でした。庭にはラベンダーが植えられており、教会の隣にこれほどのどかな庭があったのかとあらためて眺めてしまいました。3月22日の教会定期総会で、詳細をご報告します。

写真下は築20年外観、内部共とても綺麗な建物です。今日の話し合いは茅ヶ崎教会櫻井先生、役員の方々と柏先生、平野兄、和田野姉、和田兄でした。

今日はこの応接室で話し合いました。

写真下左は玄関です。ここから階段で2階へ・・・

2階東側の2部屋は傾斜があり、屋根裏部屋の様な雰囲気のある佇まいです。

 

え〜っ!私たちの恵泉教会のお隣が・・・ラベンダー!ボ〜ッと眺めていました。ちなみに櫻井先生の奥様が手をかけて植えられたものですから譲渡予定はありません。

長年使用のピアノに代わって今日、献品して頂いたピアノが届きました。教会員の楠山姉のご紹介で譲って頂いたもので、説教台左側は西陽が当たるため右側に設置しました。パイプオルガンと共に礼拝、コンサートでも今後使用されます。献品ありがとうございました。

皆様のお祈り、ご協力により新会堂が完成し、外構工事を行うまでとなりました。現在、礼拝、諸集会はすでに新しい会堂で行われています。素晴らしい器を神様から与えられ、教会員一同感謝しています。当初、お祈り、ご協力頂いた皆様との新会堂献堂式を4月下旬と予定していましたが、昨今の新型ウィルスの影響により日程が大幅に変更せざるを得なくなりました。今後しばらく状況把握したところで献堂式を行うこととなりました。決まり次第お知らせしますのでよろしくお願い致します。

2020年3月12日

茅ヶ崎恵泉教会

牧師 柏 明史  会堂建築委員会一同

 

写真下右は礼拝堂に置かれる洗礼器です。

待望の長机、イスが届き、多目的ホールの設定が完了しました。ライトグレーの美し机、イスです。昨日届いたホワイトボードも設置されています。今後様々な会議、集会に使われる予定です。

写真下左は、牧師室、事務室、集会室、小礼拝堂の前で談話室です。一時的にソファー机を置きました。本格的なこの部屋の使い方はこれからというところでしょうか。写真右は茅ヶ崎市の拡張道路がかかるかもしれない部分の敷地です。外構工事が行われる前に今日、東京電力による電柱の移動が行われました。以前は通り際ブロック塀に選挙告示ポスターが貼られていましたが、今後はどこに貼るのでしょうか?

 

多目的ホール用にホワイトボードを購入しました。明日は長机14脚とイス80脚が届きます。事務機器の日欧さんに発注。今日部品が届きました。組み立ては自前でということで、子供の頃のプラモデルを思い出しつつ、1つ1つ説明図を参考に作りました。「PLUS」の製品で大手メーカーのしっかりした製品でした。ホーロー板ではありませんが、片面はプロジェクターなどのスクリーンになるというもので柏先生も嬉しそうに初のお絵かきです。右の赤い顔が〇〇さんです。

キリッと晴れた主日礼拝、旧会堂の解体工事は全て終わっていました。もとあった会堂はなく、広々とした空き地が広がっていました。会堂は全てが空き地となりましたが、いざ空き地となると、元の礼拝堂のあったところが狭く見えたのは私だけだったでしょうか。通りからの光景は新会堂の容姿が全て見渡せるようになり、新会堂が大きくそびえ立っていました。敷地にはまだ工事残骸がありますが外構工事が3月中に終われば駐車場、外灯、植樹も全て整います。

今日は教会懇談会も行われました。会堂建築委員長の平野兄から恵泉教会のすぐ隣にある茅ヶ崎教会の牧師館購入についての説明がありました。この度、茅ヶ崎教会が中海岸4丁目の同教会会堂の隣地に新しく牧師館を建築されたことに伴い、現在の牧師館を私たちにお譲りくださるとの申し出を受けました。「隣接地に牧師館を」ということは私たちの永年の祈りの課題でした。私たちは、茅ヶ崎教会の申し出を感謝をもって受け止め、御心ならば譲り受けさせて頂きたいと願い、3月22日定期総会にて話し合うことになりました。私たちの思いを超えた慈しみのご計画の中で、すべてを導いて下さる主に心から感謝致します。

音声併用のプロジェクター使用は、本日がはじめてでしたがこれらの機材が有効に使われていました。

写真下がお話しにあった茅ヶ崎教会の牧師館です。写真下右 奥に見えるのが新会堂で完全に隣接地です。

 

 

 

 

昨日の春一番後の主日礼拝は、晴天のすがすがしい朝からはじまりました。外構工事はこれからですが、旧会堂の解体工事は8割程すすめられていました。今朝の礼拝はパイプオルガン奏楽初の礼拝。いつも通り礼拝奉仕者の祈りからはじめられ、受付、朝の讃美歌練習、司式者の開会と新築の匂いがする中、皆さん一人一人喜びの笑顔が見えました。新会堂は音が上から振り注ぐかたちで賛美の歌声も響き、オルガンの音色も深みが感じられました。

2階オルガンは大型モニターを見て司式者と連携します。前回礼拝時に感じられたハウリングも音響設備修正で聞きやすいかたちになりました。

12時40分、柏先生のお祈りのあと、多くの有志により引っ越しフィナーレ開始!数ヶ月荷物を預けていた渡辺邸から新会堂へと荷物を素早く運び込みました。1トントラックで、最終5往復。総務海津姉の引っ越し計画は予定どおりでした。2階収納室、事務室、1階調理室等へとつぐつぎに荷物は運びこまれ、先生の感謝のお祈りで終了しました。

写真下は旧会堂の解体状況です。とても寂しい気もしますが、今まで本当にありがとうございました。コンクリート粉砕、鉄骨解体の騒音でも近隣の方々のご理解を感謝します。

 

建築審査も終わり、現在では新会堂で礼拝を行っていますが、パイプオルガンはまだ使用していませんでした。教会オルガニストに音楽指導をして頂いている平井先生に今日、オルガンの試奏を行って頂きました。皆さんが見守る中、久しぶりの音出しとレッスン、パイプオルガンも嬉しそうでした。23日(日)のパイプオルガン初の礼拝奏楽は楠山姉が行うとのことでした。試奏中、ストッパーを開いて、音が鳴りっぱなしとのハプニングがありましたが、後日、教会員で調律師の池田兄になおして頂きました。有り難いです。ピアノとパイプオルガンでは「100m走とマラソン」程の違いがあるのですが素晴らしい!繊細な楽器を見て頂きました。感謝です!

1 2 3 4 5 6 7