台風19号のもの凄い風と雨のあとの主日礼拝は、集う一人一人が無事を確認し合いました。全国的に広がった今回の災害にあわれた方々の無事をお祈りします。特に川崎市多摩川の決壊で同じく新会堂建築中の戸手教会の方々のことも祈りの課題でした。台風の為、昨日までに様々な対策がとられていました。金曜日は遅くまで工事作業が行われ、写真下のような網を全ての外壁に取り付けたとのことです。また、内部に風が吹き込まないようにベニアを打ち付けていました。

今日の礼拝のお話しで柏 明史牧師よりこんなメッセージがありました。多くの困難を乗り越え、会堂建築がすすめられていることは大きな恵みです。それは同時に、私達にも「霊的な宮」が建てられいるのです。主日礼拝の奉仕者準備の前に「新会堂への祈り」は毎週捧げられています。神様によって建てられる会堂、そして教会の霊的な宮としての成長を感謝します。写真下は毎週祈られている9:30〜の「新会堂祈りのとき」です。

台風18号の影響で、先日の15号の時につづき現在の礼拝堂に雨漏りがありました。幸い建築委員長と柏先生とで水の除去ができました。12月完成予定の新会堂まで雨、風にはまだまだ用心が必要です。今日までの工事では、外壁のタイル張りの下地の準備がかなり進んだ様子です。また、室内の部屋の建材が沢山運ばれています。

台風18号が温帯低気圧になるというニュースが入る中、工事現場を見学しました。柏先生のお話しによると。入り口の頭上に設計上予定している十字架を仮に立てたところ、素晴らしい景観だったそうです。完成時にはライトが付き、夜でもライトアップされます。(下左写真の入り口頭上にそびえます)現在、外壁には防水シートが貼られ、これからはライトグレーのタイルをはり付ける予定です。タイルは外壁全面に貼ります。

室内では多目的ホール、台所等の床板の土台作りをしていました。礼拝堂の中に入ると、今までとは違い外部の音が入りませんでした。数日前には内壁材を1日かけて注入したとかで、建物全体に材料が入っています。遮音、断熱等すでに効果が出ています。