私達の教会にはパイプオルガンがあります。1998年に完成したオルガンで、オランダのライル兄弟社製です。もともとパイプオルガンは繊細な楽器ですから現在の1階から新築会堂の2階への移設は一般の引っ越し屋さんに運んで頂く訳にはいきません。楽器専門の運送屋さんをはじめ、製作者のライル社に来て頂き、専門の技師に移設してもらわなければなりません。今日、移設に関するライル社の専用工具の搬入を行いました。すでに京王多摩センター恵泉学園大学に置いてあるパイプを立てる工具を11月25日に移設工事をする為に運び入れました。ライル社との準備、手配など、恵泉学園大学には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

現在使用している1階礼拝堂のパイプオルガンと鍵盤(写真下)

京王多摩センターにある美しい恵泉学園大学キャンパス(写真下)

工具の運搬はレンタカーで教会員が運びました。お疲れ様でした。(写真下は関本先生と建築委員長)

各種のオルガンパイプを立てる専用工具(写真下左は現在礼拝堂に置かれた工具)

 

 

《オルガン仕様 》

Ⅰ     Praestant      8’

Holpijp               8’

Fluit           4’

Octaaf                     2’

Mixtuur          Ⅱ- Ⅲ

Dulciaan                8’

Ⅱ          Holpijp            8’

Praestant               4’

Sesquialter        Ⅱ

Pedal Subbas      16’

Tremulant

Koppel        Ⅱ/Ⅰ、Ι/P、 Ⅱ/P

製   作      ライル兄弟社 (オランダ)

完成日      1998年2月