教会礼拝堂は「凄いことに」なっていました。昨日来日された2人の技師、池田兄によってパイプオルガンはほとんど個々の部品に解体。礼拝堂の前後左右に置かれていました。池田兄は解体にあたって朝から一緒に奉仕されたそうです。感謝です。「誰がこんな楽器を作った!?・・・それは2000年近く前だ!」とのオランダ語の声あがったとか?解体されたオルガンは機織り(はたおり)機や、からくり人形、ゼンマイ仕掛けの複雑な時計を高度に組み合わせたような精密緻密な楽器でした。よくここまで作り上げたものです。24日の礼拝は皆さんオルガン部品とご挨拶です。

午後には、柏先生、三村設計士のご案内で、運搬業者さん、ライル社技師の方々を交えて移設の打ち合わせが行われました。音楽関係専門の運搬屋さんはメジャーを広げオルガンが置かれる場所を幾度と確認し、入口からの動線を検討していました。ライル社の技師お2人も先生の通訳をもとに新会堂の設置場所を確認。明日からの部品調整、移設作業を考えていた様子です。新会堂工事自体は昨日につづき外壁のタイル張りと玄関スロープのコンクリート打ちが行われていました。

写真下左は、タイルプレートパネルを設置場所に合わせカット、貼り付け工事です。写真右は玄関スロープコンクリート打ちです。25日のオルガン移設では3メートル持ち上げ可能なフォークリフトがここから入ります。