東側壁面は綺麗にタイル張りがおわっています。南側は作業中で30cm巾のタイルプレートをグレーのモルタルに作業員が貼り付けて加工していました。一方、内部工事の方は先日の見学時からあまり進んでいない模様です。各部屋には壁材が積み込まれ、今後内装の準備に入っているのでしょうか。

 

今日は午後、ライル社のウィリアムさんレーミットさんが帰られ、調律を担当する技師のアラートさんがすでにオルガン調律作業を行っていました。建築中の礼拝堂1階から見上げると金属のパイプが磨かれ、輝いた新品の様なパイプオルガンを見ることができます。(写真下左)1階にあったオルガンが新会堂2階に移設され、今までとはまた違ったフォルムに見えます。柏先生のお話におよれば、オルガンは床下とボルトで頑丈に固定され、後方の部分も壁、梁と直接接続されているとのことでした。(写真下右)今日の調整には教会員のオルガニスト外山姉も加わり、音だしを何度も行っていました。音色はいままで以上にホールに響きます。讃美歌の一節をチューニングのために演奏していましたが、響きが良く、今後の礼拝やコンサートがとても楽しみです。

頭にヘッドライトをつけたライル社アラートさんが電子チューナー機器を使いながら1つ1つ音を調整していました。オルガンはスコットランドのバグパイプと親戚なんでしょうか?そっくりな音も出していました。オルガン後部にはパイプが組み込まれていましたが、まだ、細いパイプが入っていませんでした。(写真下左)