「頑張れニッポン!」はオリンピック前のキャッチコピーで「頑張れ!」は自力本意で教会ではあまりなじみません。でも新会堂建築は最終段階で「頑張れ!!」と言いたくなります。ちなみに中国の武漢では「頑張り」のことを「加油!(ピンイン)」と言うそうです。・・・引き渡しの日取りがあと2日となりました。現在、礼拝堂の足場が取り払われ、室内は広々としてきました。エレベーターのカバーもなくなり、楢材の床が全面にひかれています。職人さんは室内配線や、窓の開閉のワイヤーの調整、十字架の取り付けなどの作業を行っていました。建築工事の方はもう少しで仕上がりです。

旧会堂から引き継がれた十字架は説教台の頭上に掲げられました。加工して磨き直しダークブラウンに塗られています。2階バルコニーの上までの柱は綺麗にモルタルが塗られ、筋の入ったデザインの柱となりました。実際は木造の柱だとはだれも思わないでしょう。(写真下右)

会堂以外の床はクリーム色のタイルが階段、多目的ホールにも貼られていました。階段には滑り止めも取り付けられていました。写真下右は2階エレベーターの外観です。

二階のバルコニーも整えられています。パイプオルガンもベールに包まれていますが30日には取り払われます、昔のお嫁入りの様です。充分な室内掃除を行い、埃が立たないように、カバーを取り払います。でも、実際の演奏は3月になってからです。

牧師室と小礼拝堂も書棚ができあがり、床もできていました。

みんなのトイレ、警報器も設置されました。ちなみに警報器は1階2階に各一つ設置されました。

調理室のシステムキッチンはこの黒色です。これでマドレーヌも沢山作れそうです。

写真下左は外の室外機の設置準備です。2月3日以降は写真右の旧会堂を壊しはじめます。50年以上礼拝を共にした建物です。2月2日(日)の「お別れ礼拝」には是非多くの方が来られることを期待します。礼拝は10:15〜です。遠くの方で車でおいでの方は教会までご連絡願います。駐車場を用意してあります。