今日は玄関入り口の自動ドアを設置していました。保護用フィルムを貼ったままのドア枠はまだガラスが入っていません。施工者は電動スライドを何回も開け閉めして調整していました。モーター駆動はとても静かでした。お隣のローソンより快適かもしれません。

写真下は現在の週報棚です。木製の棚は縦型で、独り一人の週報が入るようになっていました。新会堂でも同じく個人別。ポストタイプでA4版(コクヨ製)が入る引出型にするように手配中です。入口左側に木製の土台と木枠を作成して、引出数100以上の週報棚を予定しています。一番下の写真はN社業者さんと柏先生。製品の高さを計測していました。

 

一通り外部のパネルが貼られ、内装工事を現在続行中です。特別に中に入ることができました。教会奉仕では労災保険が適応されません。ハシゴを使って戦々恐々2階に上がってみました。本日(9月25日)はエアコン本体が設置され、エアコン全体の最終契約を行いました。

礼拝堂内部の写真です。設計者の三村さんも柱は通常より多く、建物全体の強度は高いと話されていました。写真下は説教台方向から会衆席の様子です。天井は高く讃美の歌声も高らかに響きそうです。柏先生が触れていらっしゃる床は高くなっていて基礎工事土台から床までの厚みが大分あります。

 

写真下の狭い部分はエレベーターで上部にかけて吹き抜けになっていました。

2階部分も部屋割りができていました。写真下はオルガンが設置される部分です。エアコン本体もオルガンに影響のないように当初予定の場所から移動していました。その下の写真は会堂会衆席を2階から見た様子です。広々と礼拝堂が広がって見えました。今年のクリスマスはここで礼拝ですね。

写真下左は1階窓枠です。週報棚はこの窓開口のハンドルが回せるように下に置かれるということで現在週報棚の製品を検討中です。右写真は工事許可証です。

 

2019年09月15日

台風15号のその後

先週8日の夜、湘南地方は台風15号の上陸のため大きな影響を受けました。教会員の家の瓦が飛んでしまったり、ブルック塀が一部倒れてしまったりと被害が報じられました。実際、現在使っている礼拝堂は雨が漏り、翌月曜は4〜5名の方が駆けつけ水を取りのけて下さいました。感謝です。水はパイプオルガンの下まで流れ込んだということでした。現在もつづく、千葉県房総半島の被災の方々の復旧をお祈りします。写真は1週間後の新会堂建築です。当日は心配されていましたが全く風の影響を受けなかったとのことです。

 

2019年08月25日

会堂感謝の祈り

8月25日(日)主日礼拝の後、新会堂の「会堂感謝の祈り」を行いました。基礎工事の上、柱を組み進められてきましたが、初めて屋根がつきました。柏 明史牧師の司式のもと讃美とお祈りの十数分間でしたが、感謝と共に、12月の会堂完成を祈りました。

基礎工事の土台の上に柱が建てられて、梁、柱が確実に、しっかり組まれています。建物は「木造ガルバリュウム鋼鈑葺2階建て」と言うことです。近頃は木造による超高層ビル建築が可能になったとマスコミでも報道されています。木造合板の進歩によって耐火基準をマークして超高層ビルの建築にも耐えうることが可能になったとのことです。日本の森林資源の為にも希望の持てる発明と建築業界としてもコペルニクス的転回と歓迎されているようです。写真の梁は合板でしょうか。また、パイプオルガンは2階に置けるように組まれていて、通常の組み方以上の堅固な仕組みになっています。オルガンと象と私が乗っても大丈夫かもしれません。

当初、会堂建築を鉄筋コンクリートにするか木造にするか検討しました。鉄筋コンクリートは耐久性も有り、柱の数も少なく、礼拝堂を広々とする設計にすることが可能であると聞きました。ただ建築費は高価になるとのことです。結局、検討の結果最新の技術を用いた木造工法で建築にすることになりました。現在は基礎工事のコンクリート打ちが終わり、いよいよ柱をたてる段階となっています。今朝、木材が届けられました。大きな梁、柱になる木材は幾つもの木材を合わせ、圧縮されたような最新の建材です。

すでに基礎工事の木枠がはめられ、鉄筋が仕込まれていました。今日はコンクリート打ちです。恵泉教会に隣接する公道は最大4m道路。大型ミキサー車は入りません。入ってきたのは中型のミキサー車でしょうか、次々に工事現場に到着しました。近くの大通りに待機している車を電話で連絡を取り合って誘導しているのでしょう。順序よく引っ切りなしに入り、木枠に生コンクリートが流し込んでいました。柏先生のお話しによると本日の全行程のミキサー車の台数は43台とか。ありがたいことに相当頑丈な土台が出来そうです。最近の流行言葉で言えば「半端ない〜!」というところでしょうか。

会堂建築献金のお願い

日本基督教団 茅ヶ崎恵泉教会

主の聖名を賛美いたします。
私たち茅ヶ崎恵泉教会は1951年の創立以来68年に亘り、この温暖で自然豊かな茅ヶ崎の地に あって、信仰の恵みを受け、広く地域への福音宣教の使命を担い続けてまいりました。しかしながら、1970年3月に献堂されました現会堂は、約50年を経て建物の老朽化が目立つよ うになり、冷暖房などの設備も経年劣化が進んでいます。近年は、大雨に見舞われた際は、雨が吹き 込み雨漏りも続くようになりました。毎年多額の維持・修理費が必要となり、あわせて阪神淡路大震 災や東日本大震災を踏まえて会堂の耐震化も緊急課題となってまいりました。さらに、教会員の高齢 化が顕著となり,障害をもつ教会員もいる状況から、1979年に建てられた隣接する教育館牧師館 への移動は、段差や階段があって集会への参加に支障が出てまいりました。教会員のみならず多くの 方が出入りする建物であることから、安全を確保しバリアフリー化した会堂の新築を望む声が徐々に 強まってまいりました。2016年に「会堂を検討する会」を発足して御旨を問いつつ、祈りのうち に慎重に検討を積み重ね、2017年3月の教会総会にて全員一致で新会堂建築を決議するに至りま した。

会堂建築に当たっては、20年前より幻を追い求めて祈りをもって積み立ててまいりました会堂建 築積立金に加えて、教会員・関係各位からの一時献金、教会債による借入れを合わせましても尚、建 築資金不足が生じております。私たちの中で善い業を始められた主が、その業を成し遂げてくださる ことを、心から信じ、主のみ名にふさわしい教会を献堂すべく教会員一同、心を一つにして祈ってお ります。

ご無理なお願いを心から恐縮に思いますが、どうか主旨をご理解下さり、祈りに覚えてご支援ご協 力をいただけますように心からお願い申し上げます。主にありて

2019年 6月30日

日本基督教団 茅ヶ崎恵泉教会 牧師 柏 明史 役員会一同 会堂建築委員長 平野 敦司 会堂建築委員会一同

【建築計画の概要】

1.場所        神奈川県茅ヶ崎市共恵2-7-1

2.建物        木造ガルバリュウム鋼鈑葺2階建て 一部吹き抜け

3.床面積       1階 230.21㎡    2階 168.25㎡ 計398.46㎡

4.設計監理      三村邦彦建築設計事務所

5.施工業者      株式会社 新栄

6.竣工予定      2019年12月(外構工事完了予定 2020年3月)

■ 賛同者
日本基督教団 神奈川教区議長、元住吉教会牧師 三宅 宜幸 日本基督教団 神奈川教区副議長、蒔田教会牧師 古谷 正仁 日本基督教団 神奈川教区西湘南地区長、湯河原教会牧師 金子 信一 日本基督教団 ホーリネスの群委員長、志木教会牧師 横山 基生 日本基督教団 清水ヶ丘教会牧師 中島 聡 日本基督教団 新島教会牧師 小橋 孝一 日本基督教団 片瀬教会(代務) 小林 誠治

【会堂建築募金要領】
目標額:300万円 募集期間:2019年7月~2020年5月
募金送金先:<郵便振替>
口座記号番号:00200-8-2224
加入者名義:日本基督教団 茅ヶ崎恵泉教会
※(同封の振込用紙をご利用ください)

横浜銀行茅ヶ崎支店>(普)口座番号:2106448
口座名義:(宗)日本基督教団 茅ヶ崎恵泉教会 代表役員 柏 明史

新会堂建築にむけて旧教育館の解体が終わりました。6月9日ペンテコステ礼拝後、12月の新会堂完成をめざして起工式がおこなわれました。これまで様々な話し合い、解体準備、引っ越し等多くの方々のご協力により進められてきました。この日を迎えることができたことを神様に感謝します。皆さん!「かわいい声」に合わせて丁寧に主の祈りができるようになりました。いいですね。

旧礼拝堂を残して、建築中は礼拝が行えます。今まであった駐車場、教育館、牧師館がすべて解体工事で撤去されました。みなさん「こんなに広かったんだ!」と驚きの声をあげました。慣れ親しんだ様々な思い出と、新たな建築が始まる喜びの心が交互します。ちょっと複雑な気持ちがします。いよいよ7月からは基礎工事がはじまります。写真最後は「公告」です。

1 2 3 4 5