キッズチャーチは、神さま、人間、いのちをまなぶところ

地球上のたくさんの生き物や草木、そして日の光や海や川、空気。わたしたちは、たくさんのものに命を支えられて生きています。たくさんの仲間と共に生きています。すべては、神さまが与えてくださっています。生かされていることを、「ありがとう」っていうために、お互いを大切にすること、悲しいことや嬉しいことを分かち合うことの素晴らしさを学びます。生きていく上で、なくてはならないものは何でしょう?神様は、一人一人のありのままの姿を愛して大切に思っています。どんな時も決して見捨てずに、共に歩んでくださいます。希望をもっていきなさいと招いておられます。是非お子様を教会へお送りください。

★キッズチャーチは
毎週土曜日 朝10時から11時30分

◎場所
茅ヶ崎恵泉教会 小礼拝堂(新会堂 2階)
未就学児から小学生のお友達大歓迎!礼拝で聖書のお話しを聞きます。その後で、お誕生会、工作、ゲーム、DVDを見るなどをして楽しい時間を過ごします。

◎もってくるもの
「せいしょ」「こどもさんびか」教会にあるので持ってなくてもOK。
「けんきん」は神様に「一週間まもってくれてありがとう」をあらわすもの。会費や月謝ではないので、金額は自由です。

★一年間の行事 〜楽しいことがいっぱい!〜

  • 3月または4月:こどものためのイースター
    礼拝・エッグハンティング、ゲーム、ティータイム。
  • 4月:入園・入学・進級祝い。
  • 5月:母の日感謝
    お母さんへのプレゼント作り。
  • 6月:父の日感謝
    お父さんへのプレゼント作り。
  • 11月第2または3日曜日:子供祝福の祈り
    一人一人の成長を牧師が祈ります。お祝いプレゼントが用意されます。
  • 12月:こどものためのクリスマス
    礼拝とお祝い会 クリスマスのDVDを見たり、ゲームやティータイム。帰りにはクリスマスプレゼントが待っています。

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

★おいのりしましょう。
かみさま、コロナのびょうきがまだひろがっています。どうぞみんなのけんこうをおまもりください。きょうもおうちでれいはいがまもれますように。イエスさまのおなまえによっておいのりします。

★さんびかをうたいましょう。(こどもさんびか6番 イエスさまのことばが きこえてくるよ)

★せいしょをひらいてよみましょう。
ちいさなおともだちは、おうちのかたによんでもらってください。
*きゅうやくせいしょ:そうせいき32しょう1せつ~33しょう11せつ(せいしょをひらいたら、いちばんはじめのところがそうせいきです。56~57ページです。)

1.おとうさんやおかあさんからはなれて ひとりでたびにでたヤコブは ラバンおじさんのいえでひつじかいになり おじさんのむすめとけっこんして たくさんのこどもがうまれました。ひつじもやぎもどんどんふえました。
ラバンおじさんはいじわるになりました。
あるひ かみさまが「うまれたくににかえりなさい。」とおっしゃいました。でもエサウにいさんはおこっているかもしれません。でも20ねんまえにかみさまがいつも一緒にいるというやくそくをしんじてしゅっぱつしました。

2.エサウにいさんのいえがちかづくと エサウにいさんは400にんのおともつれてむかってくるのをしってヤコブはおそろしくなりました。ヤコブはじぶんのやぎやひつじ めしつかいをふたつのグループにわけました。
さきにいったグループがやっつけられても はんぶんはにげられるとおもったからです。でもヤコブはますますこわくなり よるひとりでおいのりをしました。するとかみさまのおつかいがあらわれてとっくみあいを いどんできました。しょうぶがつかなくて たたかいはよあけまでつづきました。 かみさまのおつかいは ヤコブのもものかんせつをうったので ヤコブはすわりこんでしまいました。「どうかわたしをまもるとやくそくしてしゅくふくしてください。」としがみついて おねがいしました。
ヤコブはかみさまのおつかいから「イスラエル」というあたらしいなまえがあたえられました。
エサウにいさんとさいかいするこころのじゅんびができました。

3.あさになると ヤコブはせんとうにたって エサウにいさんにちかづき7かいも じめんにひれふしてあやまりました。しかし エサウにいさんはおこっていませんでした。20ねんぶりのさいかいをよろこびあいました。
かみさまは おやくそくどおりヤコブをまもってくださいました。

4.ヤコブはじぶんのかぞくをエサウにいさんにしょうかいしました。いままでじぶんのちからでなんでもできるとがんばってきましたが これからはかみさまになにもかも おまかせすることがいちばんだときがつきました。

★きょうのおことば
「いいえ、しゅくふくしてくださるまでは はなしません。」
(そうせいき32:27b)

★しゅのいのりをおいのりしましょう。

★さいごに、おいのりしておわります。
ヤコブさんのように、こまったときは かみさまにおいのりして おまかせしていくことができるこどもにしてください。コロナのびょうきが はやくおわりますように。
イエスさまのおなまえによっておいのりします。 

アーメン

2020年10月30日

~お知らせ~

コロナ感染の収束が見通せず、教会に集まってキッズチャーチの礼拝をすることが出来ないでいます。今までおうちで捧げる礼拝を茅ヶ崎恵泉教会のホームページに掲載してきましたが、11月からは動画によるキッズチャーチのオンライン礼拝を配信予定です。初めての試みですので不具合があるかもしれません。リーダー一同頑張っています。
是非みてくださいね!

1.こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2.おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3.せいしょをひらいて、せいしょのおはなしをよみましょう。
そうせいき 28:10~22

ヤコブは、とぼとぼとのはらをあるいていると、ひがしずんであたりがくらくなりました。
ちょうどいいおおきさのいしをまくらにして、ヤコブはじめんによこになりました。そのばんヤコブはふしぎなゆめをみました。てんまでとどくはしごのうえをかみさまのおつかいがのぼったりくだったりしているのです。めをまるくしてみていると、かみさまがはしごのうえにたっておっしゃいました。「わたしはこのとちをあなたのしそんにあげます。わたしはいっしょにいてあなたがどこにいってもまもります。」めをさましたヤコブはかみさまがいっしょにいてくださることがよくわかりました。「ここはかみさまのいえのいりぐちなんだ」とおもうのでした。
まくらにしていたいしをじめんにたてて、そのばしょを「べテル」ととよぶことにしました。「かみさまのいえ」といういみです。「かみさま、ありがとうございます。いっしょにいてまもってくださるというやくそくをしんじます」とおいのりをしてから、ヤコブはまたげんきにあるきだしました。
  
きょうのおことば
「みよ、わたしはあなたとともにいる。あなたがどこにいっても、わたしはあなたをまもり、かならずずこのとちにつれかえる。わたしは、あなたにやくそくしたことをはたすまでけっしてみすてない。」そうせいき 28:15

4.しゅのいのりをおいのりしましょう   
                          
5.さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
「おうちで れいはいできて ありがとうございます。はやく みんなといっしょに きょうかいで れいはいができますように。 コロナウィルスがはやく おわりますように。びょうきからまもってください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。 アーメン」

10月17日の礼拝についてのご案内が出来ませんでした。申し訳ありませんでした。

1. おいのりをささげましましょう。
「かみさま きょうもかみさまにおいのりできることをかんしゃします。おうちでれいはいがまもれますように イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

2. さんびをうたいましょう。
ようじさんびか:18ばん「かみさまは のきのこすずめまでも」1ばん
(1)かみさまは のきのこすずめまでも おやさしくまもりたもう
ちいさいものをもめぐみたもう かみさまのみなをたたえましょう

3. せいしょをひらいてよみましょう。
 
そうせいき:25しょう19せつ~34せつ 、27しょう1せつ~28しょう5せつ  

エサウとヤコブというきょうだいがいました。エサウはのやまをかけまわって ゆみやでどうぶつをしとめるりょうしになりました。ヤコブはいえにいて おとうさんやおかあさんのてつだいをしていました。
あるひ ヤコブがにものをしていると エサウがつかれて のはらからかえってきました。エサウはヤコブに「おねがいだ。そのあかいものをたべさせてほしい。」といいました。ヤコブは「おにいさんのちょうしのけんりをゆずってください。」といいました。
「ああ、もうしにそうだ。ちょうしのけんりなどどうでもよい。」とエサウがいうと ヤコブは「では いますぐちょうしのけんりをゆずるとちかってください。」といいました。
エサウはヤコブにちょうしのけんりをゆずると ちかってしまいました。
それからなんねんかたって おとうさんのイサクはすっかりとしをとって あまりめがみえなくなりました。
おとうさんはエサウをよんで「わたしはいつしぬかわからない。のはらにいってえものをとってきて わたしのすきなおいしいりょうりをつくり ここにもってきてほしい。しぬまえに それをたべて わたしじしんのしゅくふくを おまえにあたえたい。」
おくさんのリベカは イサクがあにのエサウにはなしているのをきいてしまいました。
エサウがえものをとりにいくと リベカはおとうとのヤコブにいいました。
「わたしがごちそうをつくるから それをもっておとうさんのところにいきなさい。おとうさんにしゅくうふくのいのりを
してもらうのです。」といいました。
エサウはけぶかかったので おかあさんはヤコブにやぎのけをまきました。
イサクはヤコブをさわってエサウだとおもい ヤコブにしゅくふくをあたえました。
エサウはまえに おなかがへっていたときに たった1ぱいのスープほしさに かみさまのしゅくふくという たいせつなものを かんたんに おとうとヤコブにあげてしまったのす。
でもヤコブはおうおさんをだましてまでも かみさまからのしゅくふくをいちばんだいじにかんがえていました。

★ かみさまからのしゅくふく:かみさまからいただけるめぐみ
★ ちょうしのけんり:ちちのぜんぶのざいさんもらうことができるみぶん

4. きょうのおことば
「しゅのくわだては とこしえにたち みこころのはからいは よよにつづく。」 しへん 33ぺん11せつ

5. イエスさまがおしえてくださった「しゅのいのいのり」です。おおきなこえでおいのりしてね。

6. さいごにおいのりして おわります。
かみさま かみさまのしゅくふくをたいせつにすることができますように。まいにちおいのりできますように。
イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン

★これは新型コロナウィルス感染拡大で 教会に来ることが出来ない元気なお子さんのためのものです。体調が悪い時に無理なさることはありませんのでご了解ください。どうかお子様といっしょに聖書を開き、いっしょにお読みくださり、お祈りくだされば幸いです。

1. おいのりしましょう。
「かみさま くらいよるも まもってくださり あかるいあさを ありがとうございました。きょうもいちにち まもってください。イエスさまの おなまえによって アーメン。」

2. さんびか(改訂版こどもさんびか 6ばん)を うたいましょう。(しらないおともだちは かしをよんでください)
(1)イエスさまのことばが きこえてくるよ/ せいしょのおはなし みんなできこう 
(2)かみさまのこころが わかってくるよ/ せいしょのおはなし みんなできこう

3. イエスさまがおしえてくださった しゅのいのりをいのりましょう。
てんにまします われらのちちよ、/ ねがわくは、みなを あがめさせたまえ。/ みくにを きたらせたまえ。みこころの てんになるごとく、ちにも なさせたまえ。/ われらの にちようのかてを きょうも あたえたまえ。われらに つみをおかすものを われらがゆるすごとく、/ われらの つみをも ゆるしたまえ。
われらを こころみにあわせず、あくより すくいだしたまえ。くにと ちからと さかえとは かぎりなく なんじのもの なればなり。アーメン

4. せいしょをよみましょう。
きょうは 旧約聖書(きゅうやくせいしょ)創世記(そうせいき) 22章(しょう)の12、14節(せつ)aです。
下(した)に書(か)いてあるので 読(よ)んでください。ちいさいおともだちは よんでもらって ききましょう。

12 「そのこに てをくだすな。なにもしてはならない。あなたが かみをおそれるものであることが、いま、わかったからだ。あなたは、じぶんのひとりごである むすこすら、わたしにささげることをおしまなかった。」

14a 「しゅは そなえてくださる。」

5. せいしょの おはなしをよみましょう。
せんしゅうは かみさまからのめいれいで たびにでた アブラハムの おはなしでしたね。
かみさまから たくさんのこどもがあたえられると やくそくがあったのに ながいあいだ こどもはうまれませんでした。 でも かみさまをしんじて ズーッとまっていたら おとこのこがうまれ なまえを イサクとつけました。
イサクは どんどんとおおきくなり おとうさんのおてつだいをするしょうねんになり とってもしあわせでした。
あるとき かみさまは アブラハムに 「イサクを かみさまにささげなさい。」と めいれいされたのです。
でも アブラハムは 「かみさまが わたしに よくないことを めいれいされることは ぜったいにない。」と しんじることができ よくじつにはしゅっぱつし 3かめには まきをせおったイサクと ふたりで やまにのぼっていきました。
やまのうえにつくと いしをつんで さいだんをつくり まきをならべ イサクをしばって そのうえにのせました。
そのとき てんしのこえが きこえました。「アブラハム、アブラハム。」 
「はい ここにいます。」と こたえると 「そのこに なにもしてはいけない。 あなたが こころからかみさまに したがうひとであることが よくわかったから。」
アブラハムが まわりをみまわすと つのをきにひっかけた ひつじがいました。 アブラハムは 「かみさま ありがとうございます。」と おいのりをして イサクとふたりでれいはいをささげて いっしょに いえにかえりました。

じぶんの ほんとうにだいじにしている ひとりごを じゅうじかにつけたかたを おもいだせますか?
かみさまと イエスさまですね。
かみさまは 「なんでこんなことをされるのかな?」 と おもうようなことがあっても かみさまは いちばんよいことを してくださるのです。 そんなかみさまに いつもしたがっていきましょう。

6. さいごに おいのりをしましょう。
「おうちでれいはいできて ありがとうございます。 はやく みんなときょうかいにあつまって れいはいできますように。 コロナウィルスが はやくおわりますように。びょうきからまもってください。イエスさまのおなまえによって おいのりいたします。 アーメン」

1. おいのりしましょう。
かみさま いつもいっしょにいて おまもりくださり ありがとうございます。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン。

2. しゅにしたがうことは なんとうれしいこと。/ こころのそら はれて ひかりはてるよ。しゅのあとにつづき ともにすすもう/ しゅのあとにつづき うたってすすもう。

3. イエスさまがおしえてくださった しゅのいのりをいのりましょう。
てんにまします われらのちちよ、/ ねがわくは、みなを あがめさせたまえ。/ みくにを きたらせたまえ。
みこころの てんになるごとく、ちにも なさせたまえ。/ われらの にちようのかてを きょうも あたえたまえ。われらに つみをおかすものを われらがゆるすごとく、/ われらの つみをも ゆるしたまえ。われらを こころみにあわせず、あくより すくいだしたまえ。くにと ちからと さかえとは かぎりなく なんじのもの なればなり。アーメン

4. せいしょをよみましょう。 
きょうのせいしょは きゅうやくせいしょ そうせいき 12しょう2せつaです。
ちいさいおともだちは よんでもらいましょう。わたしはあなたを おおいなるこくみんにし あなたをしゅくふくし、あなたのなを たかめる。

5. せいしょのおはなしを よみましょう。
アブラハムは こころから かみさまを しんじるひとでした。
あるとき、かみさまが アブラハムにおっしゃいました。「あなたは、ハランをはなれて わたしがみちびくばしょへ いきなさい。そうすれば、わたしはあなたを しゅくふくします。あなたの こどもやまごたちは どんどんふえて しあわせになるでしょう。」
アブラハムは このとき75さいの おじいさんでした。かみさまが みちびいてくださるところが どんなところなのか、まだわかりません。でも アブラハムは いいました。「かみさまが おっしゃるとおりに したがいます。」
アブラハムは かぞくみんなででかけました。なんにちもなんにちも あるいて かみさまがおっしゃいました。
「さあ、ここが あなたたちが すむばしょです。」 そこは カナンといって とってもうつくしくて すばらしいところでした。
「かみさま ありがとうございます。」 
アブラハムは おおきないしをあつめて さいだんをつくり こころから かんしゃの おいのりをささげました。
わたしたちも アブラハムのように こころから かみさまをしんじ したがうひとに なりたいですね。

6. こんしゅうのせいくを もういちど よみましょう。 
わたしはあなたを おおいなるこくみんにし あなたをしゅくふくし、あなたのなを たかめる(そうせいき 12しょう2せつa)

7. おいのりしましょう。
かみさま わたしたちを まもってくださって ありがとうございます。
かみさまに いつでもしたがうことができる こどもに なれますように おねがいいたします。イエスさまの おなまえによって おいのりいたします。 アーメン

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3. せいしょをひらいて、せいしょのおはなしをよみましょう。
そうせいき 11:1~9
はじめ、ひとはみなおなじことばではなしていました。 あるとき、みんながあつまってそ
うだんし、こういいました。 「てんまでとどくたかいとうをたてよう」 「かみさまにた
よらなくてもがんばればできるんだ」
みんながちからをあわせてはたらいたのでとうはたかくなりました。すっかりうぬぼれるよ
うになったにんげんをごらんになったかみさまは、ことばがつうじないようにしてしまいま
した。ことばがつうじなければいっしょにしごとができません。とうとうたかいとうをつく
るのをやめてことばがつうじるひとどうしひっこしていきました。 
「かみさまなんかいなくてもなんでもできる」というのはまちがいです。かみさまがたす
けてくださらなければなにもできないのです。かみさまがまもってくださることをしんじて
 、かみさまにたよってせいかつすることがたいせつです。
  
■きょうのおことば
「かみは、こうまんなものをてきとし、けんそんなものにはめぐみをおあたえになる」 
ヤコブへのてがみ  4:6
  
4. しゅのいのりをおいのりしましょう。

5. さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
「おうちで れいはいできて ありがとうございます。はやく みんなといっしょに きょうかいで れいはいができますように。 コロナウィルスがはやく おわりますように。びょうきからまもってください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。 アーメン」

1 2 3 4 5 6 13