キッズチャーチは、神さま、人間、いのちをまなぶところ

地球上のたくさんの生き物や草木、そして日の光や海や川、空気。わたしたちは、たくさんのものに命を支えられて生きています。たくさんの仲間と共に生きています。すべては、神さまが与えてくださっています。生かされていることを、「ありがとう」っていうために、お互いを大切にすること、悲しいことや嬉しいことを分かち合うことの素晴らしさを学びます。生きていく上で、なくてはならないものは何でしょう?神様は、一人一人のありのままの姿を愛して大切に思っています。どんな時も決して見捨てずに、共に歩んでくださいます。希望をもっていきなさいと招いておられます。是非お子様を教会へお送りください。

★キッズチャーチは
毎週土曜日 朝10時から11時30分

◎場所
茅ヶ崎恵泉教会 小礼拝堂(新会堂 2階)
未就学児から小学生のお友達大歓迎!礼拝で聖書のお話しを聞きます。その後で、お誕生会、工作、ゲーム、DVDを見るなどをして楽しい時間を過ごします。

◎もってくるもの
「せいしょ」「こどもさんびか」教会にあるので持ってなくてもOK。
「けんきん」は神様に「一週間まもってくれてありがとう」をあらわすもの。会費や月謝ではないので、金額は自由です。

★一年間の行事 〜楽しいことがいっぱい!〜

  • 3月または4月:こどものためのイースター
    礼拝・エッグハンティング、ゲーム、ティータイム。
  • 4月:入園・入学・進級祝い。
  • 5月:母の日感謝
    お母さんへのプレゼント作り。
  • 6月:父の日感謝
    お父さんへのプレゼント作り。
  • 11月第2または3日曜日:子供祝福の祈り
    一人一人の成長を牧師が祈ります。お祝いプレゼントが用意されます。
  • 12月:こどものためのクリスマス
    礼拝とお祝い会 クリスマスのDVDを見たり、ゲームやティータイム。帰りにはクリスマスプレゼントが待っています。

1. おいのりしましょう。
「かみさま きょうもいちにちまもってください。イエスさまのおなまえによって アーメン。」

2. さんびか(改訂版こどもさんびか 58)を うたいましょう。(しらないおともだちは かしをよんでください)
「どんなにちいさいことりでも かみさまはそだててくださる」って イェスさまのおことば

3. せいしょをよみましょう。
きょうのせいしょは マタイによる福音書(ふくいんしょ) 15章(しょう)の21~28節(せつ)です。
せいしょを持(も)っている人(ひと)は せいしょを開(ひら)いて 読(よ)んでください。持(も)っていない人(ひと)は 下(した)に書(か)いてあるので 読(よ)んでください。ちいさいおともだちは よんでもらってききましょう。

35 女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、小犬(こいぬ)も主人の食卓(しょくたく)から落(お)ちるパン屑(くず)はいただくのです。」 そこで、イエスはお答えになった。「婦人(ふじん)よ、あなたの信仰(しんこう)は立派(りっぱ)だ。あなたの願(ねが)いどおりになるように。」そのとき、娘(むすめ)の病気(びょうき)はいやされた。

4. せいしょのおはなしをよみましょう。
「イエスさま うちの娘が病気でとても苦しんでいます。どうか助(たす)けてください」とさけぶ女の人の声が聞こえたけれども イエスさまはだまって歩き続(つづ)けています。
さらにイエスさまの前にきて 大きな声で もう一度お願いしました。イエスさまは 「子供たちのパンを取(と)り上げて小犬にやってはいけない」と。これは「神さまからのめぐみは はじめにイスラエルの人たちにあたえられ ほかの国の人たちにあたえられるのはおかしい」という意味でした。イエスさまは意地悪(いぢわる)ではなく 女の人を試(ため)しているのです。女の人は「その通りです。でも 小犬はテーブルから落ちてきたパン屑(くず)は食べてもいいでしょう。」

これは「私たちでも こぼれてきためぐみはいただいてもいいでしょう」という意味です。パン屑ぐらいのほんの小さなめぐみがいただければ きっと娘の病気は治(なお)ると 信じていたのです。イエスさまはあたたかい心で「あなたのしっかりとした信仰(しんこう)がわかりました。あなたの願っていることがその通りになりますよ。」 この時に娘さんの病気は治(なお)って元気になりました。いっしょうけんめいにイエスさまを信じてお願いした人の信仰を イエスさまは喜(よろこ)んで 聞いてくださるのです。

5. しゅのいのりをいのりましょう。

6. さいごに おいのりをしましょう。
「おうちでれいはいできて ありがとうございます。 コロナウィルスびょうきが はやくおわりますように。びょうきからまもってください。いえすさまのおなまえで おいのりいたします。 アーメン」