キッズチャーチは、神さま、人間、いのちをまなぶところ

地球上のたくさんの生き物や草木、そして日の光や海や川、空気。わたしたちは、たくさんのものに命を支えられて生きています。たくさんの仲間と共に生きています。すべては、神さまが与えてくださっています。生かされていることを、「ありがとう」っていうために、お互いを大切にすること、悲しいことや嬉しいことを分かち合うことの素晴らしさを学びます。生きていく上で、なくてはならないものは何でしょう?神様は、一人一人のありのままの姿を愛して大切に思っています。どんな時も決して見捨てずに、共に歩んでくださいます。希望をもっていきなさいと招いておられます。是非お子様を教会へお送りください。

★キッズチャーチは
毎週土曜日 朝10時から11時30分

◎場所
茅ヶ崎恵泉教会 小礼拝堂(新会堂 2階)
未就学児から小学生のお友達大歓迎!礼拝で聖書のお話しを聞きます。その後で、お誕生会、工作、ゲーム、DVDを見るなどをして楽しい時間を過ごします。

◎もってくるもの
「せいしょ」「こどもさんびか」教会にあるので持ってなくてもOK。
「けんきん」は神様に「一週間まもってくれてありがとう」をあらわすもの。会費や月謝ではないので、金額は自由です。

★一年間の行事 〜楽しいことがいっぱい!〜

  • 3月または4月:こどものためのイースター
    礼拝・エッグハンティング、ゲーム、ティータイム。
  • 4月:入園・入学・進級祝い。
  • 5月:母の日感謝
    お母さんへのプレゼント作り。
  • 6月:父の日感謝
    お父さんへのプレゼント作り。
  • 11月第2または3日曜日:子供祝福の祈り
    一人一人の成長を牧師が祈ります。お祝いプレゼントが用意されます。
  • 12月:こどものためのクリスマス
    礼拝とお祝い会 クリスマスのDVDを見たり、ゲームやティータイム。帰りにはクリスマスプレゼントが待っています。

★おいのりしましょう。
かみさま、がっこう、ようちえんがはじまりました。コロナのびょうきがまだひろがっています。どうぞみんなのけんこうをおまもりください。きょうもおうちでれいはいがまもれますよう、イエスさまのおなまえによっておいのりします。

★さんびかをうたいましょう。(こどもさんびか5番 こどもをまねく)

★せいしょをひらいてよみましょう。
ちいさなおともだちは、おうちのかたによんでもらってください。
*きゅうやくせいしょ:そうせいき4しょう1せつ~16せつ
(せいしょをひらいたら、いちばんはじめのところがそうせいきです。5~6ページです。)

1.かみさまにつくられたさいしょのひと、アダムとエバはかみさまとのおやくそくをやぶったので、エデンの
そのをでて、じぶんたちでたべものをつくるためにはたらかなくてはなりませんでした。アダムとエバに、
ふたりのおとこのこがうまれました。おにいさんのカインと、おとうとのアベルです。

2.ふたりはおおきくなり、カインは はたけをたがやすひと、アベルはひつじをかうひとになりました。
あるひ、かみさまにささげものをするひがきました。

3.カインはじぶんがそだてたやさいやくだものをささげました。アベルはじぶんがかっているひつじのなかから
さいしょにうまれたいちばんよいひつじをえらんでささげました。いつもまもってくださるかみさまにこころからのささげもをしたかったからです。かみさまは、アベルのささげものをおよろこびになりました。 
けれどもカインは「かみさまは、なぜアベルばかりかわいがるのか。」とおこりました。

4. かみさまはそれをみて、「なぜ、おこっているのか。じぶんがただしいことしているとおもうなら、そんなかをしなくてもいいだろう。わるかったとおもうならあらためればよい。」
しかし、カインはおこったまま、おとうとのアベルがにくたらしくてたまりませんでした。

5. あるひ、カインはアベルをのはらにさそい、そこでアベルをしなせてしまいました。
かみさまは「アベルはどこにいるのか?」とたずねました。カインは「しらない。ぼくはアベルの
ばんにんじゃない。」かみさまはカインのしたことをごぞんじでした。すぐにカインが「ごめんなさい。」とあやまればゆるしてくださったでしょう。けれどカインはあやまりませんでした。
かみさまは「カイン、あなたはいえをでて、しらないとちにいかなくてはならない。しかし、あなたがこまらないようにまもってあげます。」とおっしゃいました。かみさまは、カインがじぶんでしたことをしょうじきにうちあけて「ごめんなさい。」とあやまることをまっていらっしゃったんです。

わたしたちも、まちがったことをしたり、わるいおもいになってしまうことがありますね。そういうときは、しょうじきにかみさまにおはなしして、ゆるしていただきましょう。そしてわたしたちが、「ごめんないさい。」とおいのりするときは、いつもイエスさまがいっしょにいのってくださっていることをおぼえましょう。

★きょうのおことば
かみのたまものは、わたしたちのしゅキリスト・イエスによるえいえんのいのちなのです。
(ローマのしんとへのてがみ6:23b)
★しゅのいのりをおいのりしましょう。

★さいごに、おいのりしておわります。
かみさま、イエスさまをありがとうございます。かみさまのおことばにしたがるこどもにしてください。わるいおもいにまけないようにおまもりください。まちがったときは、しょうじきにごめんなさいとあやまれるこどもにしてください。コロナのびょうきが はやくおわりますように。
イエスさまのおなまえによっておいのりします。  アーメン

1. おいのりしましょう。
「かみさま くらいよるも まもってくださって ありがとうございました。 きょうもいちにち まもってください。 イエスさまのおなまえによって アーメン。」

2. さんびか(改訂版こどもさんびか 15 1せつ)を うたいましょう。(しらないおともだちは よんでください)
きょうだいげんかを しないひは/ とうかにいちどか つきにかい
なかよくするのは むずかしい/ かみさま かみさま かみさま/ そのわけ おしえてください アーメン

3. せいしょをよみましょう。
きょうは 旧約聖書(きゅうやくせいしょ)創世記(そうせいき) 3章(しょう)の11~12節(せつ)です。 下(した)に書(か)いてあるので 読(よ)んでください。ちいさいおともだちは よんでもらいましょう。
11 かみはいわれた。/ 「おまえが はだかであることを だれがつげたのか。/ とってたべるなと めいじたきから たべたのか。」 12 アダムはこたえた。/ 「あなたが わたしと ともにいるようにしてくださった おんなが、きからとって あたえたので、たべました。

4. せいしょのおはなしを よみましょう。
うそをついたり けんかをしたことって あるよね。 どうしてなのかな?
かみさまに つくられた アダムとエバは 「エデンのその」という とってもきれいで おいしいきのみの すきなものをとって たべることができました。 ふたりとも かみさまのめいれいの「「その」の まんなかにあるきのみは たべてはいけない。」を まもっていました。

あるひ かみさまのてきであるあくまが ヘビのすがたで エバにちかづいてきて 「かみさまがいっている きのみをたべてごらん。 おいしいし しんだりしないよ。」 

とうとうエバは そのみをとって また わたされたアダムも やくそくをやぶって たべてしまいました。 
ふたりは かみさまがこわくなり はずかしくなって きのかげに かくれてしまいました。
かみさまはふたりに 「いったいなにをしたのか?」とききました。 アダムは 「エバが くれたので あのきのみをたべました。」 エバは 「ヘビにだまされて あのきのみをたべました。」 と ほかのひとのせいにして やくそくをやぶってしまったことを かみさまに あやまらなかったのです。 

かみさまは ふたりを 「エデンのその」から おいだしてしまいました。
かみさまのおことばに したがわないことが 「つみ」なのです。 このときに わたしたちに 「つみ」という わるいものが はいりこんでしまったのです。 うそをついたり けんかをするように なってしまったのです。

でも かみさまは このにんげんのつみを ゆるすために イエスさまを わたしたちにくださり じゅうじかにかけてくださり わたしたちのつみを ぜんぶゆるして くださっているのです。

5. しゅのいのりを いのりましょう。

6. さいごに おいのりをしましょう。
「おうちでれいはいできて ありがとうございます。 コロナウィルスのびょうきが はやくおわりますように。びょうきからまもってください。 イエスさまのおなまえで  おいのりいたします。 アーメン」

1. おいのりしましょう。
かみさま いつも いっしょにいてくださり ありがとうございます。
イエスさまの おなまえによって おいのりします。 アーメン。

2. さんびかを うたいましょう。(ようじさんびか 23) しらないひとは かしを よんでください。
(1)うみでおよぐ さかなたち/ そらであそぶ ことりたち
わたくしたちも かみさまに/ つくられ そだった なかまたち

(2)きれいないろの くさやはな/ やまやもりの けものたち
わたくしたちも かみさまに/ まもられ なかよくあそびましょう

3. せいしょをよみましょう。 
きょうのせいしょは きゅうやくせいしょ そうせいき 1しょう27せつです。
下に書いてあるので 読んでください。ちいさいおともだちは おうちのかたに よんでもらいましょう。

27せつ かみは ごじぶんに かたどって ひとを そうぞうされた。 
かみに かたどって そうぞうされた。
おとこと おんなに そうぞうされた。

4. せいしょのおはなしを よみましょう。
きょうは 「アダムとエバ」のおはなしです。
はじめに かみさまは てんち ちをつくられました。(そうせいき1しょう1せつ)
それだけでは ありません。 なんと わたしたちにんげんも つくってくださいました。
せんしゅう ききましたね。
かみさまが いちばんはじめに つくられた おとこのひとは アダム。 
そして つぎにつくられた おんなのひとは エバ というなまえでした。
さっき うたった さんびかに あるように
「わたくしたちも かみさまに/ つくられ そだった なかまたち」 なのです。
かみさまは わたしたちを あいし まもっていてくださいます。
なんと うれしい ことでしょう!!

5. しゅのいのりを いのりましょう。

6. おいのりしましょう。
かみさま わたしたちを つくってくださって ありがとうございます。
かみさまに よろこんで いただける せいかつが できますように。
イエスさまの おなまえによって おいのりいたします。 アーメン

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3. せいしょをひらいて、せいしょのおはなしをよみましょう。
そうせいき 1:1~31

はじめにかみさまがてんとちをおつくりになった。ちはまだかたちがなくてくうだった。
くらやみのそこにうみがあり かみさまのいきがみずのうえにふいていた。
かみさまはまず くらやみから ひかりをひきだされた。

そこで かみさまはおっしゃった。「天の下みずはひとつにあつまれ。そして陸地がみえるようになれ」
かみさまは おっしゃった。「りくちには くさ」 すると りくちにしょくぶつがはえて たねをつけた。
かみさまはおっしゃった。「ひかるものよ てんにあれ!ひるまのためには 大きいのが。よるのためにはちいさいのが。そして たくさんの星が。」

神さまは 海の中に色々ないきものをおつくりになった。海のいきものはうごいたりおよいだりしはじめた。
かみさまはとりも おつくりになった。とりたちはそらをとびはじめた。
神さまはおっしゃった。「りくには けもの!。歩くもの。いろいろな けもの!」
神さまはおっしゃった。「にんげんをつくろう。わたしとはなしのできるにんげんを。」男と女がつくられた。

きょうのおことば
「はじめにかみはてんちをそうぞうされた」 そうせいき 1:1  

4. しゅのいのりをおいのりしましょう。

5. さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
「おうちで れいはいできて ありがとうございます。はやく みんなといっしょに きょうかいで れいはいができますように。コロナウィルスがはやく おわりますように。びょうきからまもってください。
イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

こころの中でおいのりしましょう。
かみさま、いつもおまもりくださてありがとうございます。きょうもおうちでれいはいがまもれますよう、イエスさまのおなまえによっておいのりします。

2.おぼえているさんびかがあればうたいましょう。(どんなにちいさいことりでも)

3.せいしょをひらいてよみましょう。
ちいさなおともだちは、おうちのかたによんでもらってください。

*マタイによるふくいんしょ13:1~9
たねまくひとのたとえです。たねをまいても、まいたところによってちゃんとせいちょうするかどうかというおはなしです。たねはかみさまのみことばです。
わたしたちのこころにかみさまのみことばをいれて、かみさまのみことばをまもりましょう。

*きょうのおことば
よいちにまかれたものは、みことばをきいて、さとるひとであり、あるものは100ばい、あるものは60ばい、あるものは30ばいのみをむすぶのである。マタイによるふくいんしょ13:23

4.しゅのいのりをおいのりしましょう。
おおきなこえでおいのりしてね。

5.さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
おうちでれいはいができてありがとうございます。いつもすなおなこころでかみさまのみことばをきくことができますように、
イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン

1. おいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいて おまもりくださり ありがとうございます。イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」
 
2. おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3. せいしょをひらいて せいしょのおはなしをよみましょう。ちいさなおともだちは おうちのかたに よんでもらってください。
ヨハネによるふくいんしょ20:30~31  しとげんこうろく17:10~12

 けさ みんなは あさごはんをたべましたか。「きのうたべたから きょうはたべない」というおともだちはいないとおもいます。しょくじは まいにちからだにとりいれます。おなじようにせいしょをよんで かみさまのことばを まいにちとりいれることがだいじです。それによって かみさまが どんなにわたしたちをあいしてくださっているかがよくわかります。

きょうのおことば「これらのことがかかれたのは あなたがたが イエスはかみのこメシアであるとしんじるため
であり また しんじてイエスのなによりいのちをうけるためである。」ヨハネによるふくいんしょ20:31
  
4. 「しゅのいのり」をおいのりしましょう。いつもおいのりできるといいね。

5. さいごにおいのりしておわります。
「かみさま わたしたちに せいしょをあたえてくださって ありがとうございます。はやくコロナのしんぱいがなくなり みんなといっしょにきょうかいでれいはいできますように。イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま きょうもかみさまにおいのりできることをかんしゃします。おうちでれいはいをまもれますよう イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあれば うたいましょう。
(かいていばん こどもさんびか10番「ことりたちは」しているかな?)

3. きょうのせいしょをひらいて おはなしをよみましょう。
ちいさなおともだちは おうちのかたに よんでもらってください。

●きゅうやくせいしょ エレミヤしょ36しょう

むかし、エレミヤさんというひとがいました。このひとはかみさまのことばをきいて、ひとびとに つたえる「よげんしゃ」でした。
 あるとき、かみさまがエレミヤさんに「わたしのことばをまきものにかきなさい。それをひとびとによんできかせなさい。かみさまのことをだいじにするようになるだろ。」とおっしゃいました。バルクさんがエレミヤさんをてつだって、エレミヤさんのはなすことばをまきものにかきました、

バルクさんはしんでんでまきものをおおきなこえでよみました。それをきいたひとがおうさまにいそいでしらせにいきました。

「かみさま、ごめんなさい。これからは、かみさまをだいじにして ただしいせいかつをします」
とあやまらず、
「けしからん!こんなことばはききたくないぞ。」といって、ナイフでまきものをきって ひでもやしてしまいました。

しかし、かみさまはエレミヤさんに「もういちどわたしのことばをかきなさい。」とおっしゃいました。かみさまのことばは、ひでもえてなくなることはないのです。

エレミヤさんがかいたかみさまのおことばは、いまもせいしょのなかにあります。せいしょのなかにあるかみさまおことばは、どんどんひろまって、いまではせかいじゅうのひとたちがよんでいます。

4. こんしゅうのせいしょのおことば
「くさはかれ、はなはちる。しかし、しゅのことばはえいえんにかわることがない。」
ペトロのてがみ1 1しょう24せつ~25せつ

えいえん=むかしも、いまも、これかも、ずっとつづくこと  しゅ=かみさま

5. しゅのいのりをささげましょう。
              
6. さいごに、こころのなかでおいのりして おわります。
 てんのかみさま、かみさまのおことばをこれからもたいせつにしていきます。コロナウイルスのびょうきがはやくおわりますように、どうかわたしたちかぞく、そしておともだちをおまもりください。きょうかいであえるひがはやくきますように、
イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン

1. おいのりしましょう。
「かみさま きょうもいちにちまもってください。イエスさまのおなまえによって アーメン。」

2. さんびか(改訂版こどもさんびか 58)を うたいましょう。(しらないおともだちは かしをよんでください)
「どんなにちいさいことりでも かみさまはそだててくださる」って イェスさまのおことば

3. せいしょをよみましょう。
きょうのせいしょは マタイによる福音書(ふくいんしょ) 15章(しょう)の21~28節(せつ)です。
せいしょを持(も)っている人(ひと)は せいしょを開(ひら)いて 読(よ)んでください。持(も)っていない人(ひと)は 下(した)に書(か)いてあるので 読(よ)んでください。ちいさいおともだちは よんでもらってききましょう。

35 女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、小犬(こいぬ)も主人の食卓(しょくたく)から落(お)ちるパン屑(くず)はいただくのです。」 そこで、イエスはお答えになった。「婦人(ふじん)よ、あなたの信仰(しんこう)は立派(りっぱ)だ。あなたの願(ねが)いどおりになるように。」そのとき、娘(むすめ)の病気(びょうき)はいやされた。

4. せいしょのおはなしをよみましょう。
「イエスさま うちの娘が病気でとても苦しんでいます。どうか助(たす)けてください」とさけぶ女の人の声が聞こえたけれども イエスさまはだまって歩き続(つづ)けています。
さらにイエスさまの前にきて 大きな声で もう一度お願いしました。イエスさまは 「子供たちのパンを取(と)り上げて小犬にやってはいけない」と。これは「神さまからのめぐみは はじめにイスラエルの人たちにあたえられ ほかの国の人たちにあたえられるのはおかしい」という意味でした。イエスさまは意地悪(いぢわる)ではなく 女の人を試(ため)しているのです。女の人は「その通りです。でも 小犬はテーブルから落ちてきたパン屑(くず)は食べてもいいでしょう。」

これは「私たちでも こぼれてきためぐみはいただいてもいいでしょう」という意味です。パン屑ぐらいのほんの小さなめぐみがいただければ きっと娘の病気は治(なお)ると 信じていたのです。イエスさまはあたたかい心で「あなたのしっかりとした信仰(しんこう)がわかりました。あなたの願っていることがその通りになりますよ。」 この時に娘さんの病気は治(なお)って元気になりました。いっしょうけんめいにイエスさまを信じてお願いした人の信仰を イエスさまは喜(よろこ)んで 聞いてくださるのです。

5. しゅのいのりをいのりましょう。

6. さいごに おいのりをしましょう。
「おうちでれいはいできて ありがとうございます。 コロナウィルスびょうきが はやくおわりますように。びょうきからまもってください。いえすさまのおなまえで おいのりいたします。 アーメン」

1. おいのりしましょう。
かみさま いつもいっしょにいてくださり ありがとうございます。イエスさまのおなまえによって おいのりします。 アーメン。

2. さんびかを うたいましょう。(改訂版こどもさんびか 21)
二ひきのさかなと 五つのパンを イエスさましゅくして わけました

3. せいしょをよみましょう。
きょうのせいしょは ヨハネによるふくいんしょ 6しょう1せつ~15せつ・35せつです。 せいしょを持っている人は せいしょを開いて 読みましょう。持っていない人は 下に書いてあるので 読んでください。ちいさいおともだちは よんでもらいましょう。

35せつ イエスはいわれた。「わたしがいのちのパンである。わたしのもとにくるものは けっしてうえることがなく、わたしをしんじるものは けっしてかわくことがない。」

4. せいしょのおはなしを よみましょう。
きょうは 「5つのパンと 2ひきのさかな」というおはなしです。
一人の男の子が イエスさまにさし上げた だいじなおべんとう「5つのパンと 2ひきのさかな」とってもたくさんの人たちが おなかいっぱい食べることができました。なんと さいごにのこったパンが 12のかごにいっぱいとなりました。
イエスさまのふしぎなちから すばらしいですね。わたしたちも いつもイエスさまをしんじて おいのりをしてしたがっていきましょう。

5. しゅのいのりを いのりましょう。

6. こころのなかで おいのりしましょう。
かみさま イエスさまが わたしたちに ひつようなものをいつもくださること ありがとうございます。イエスさまのおなまえによって おいのりいたします。 アーメン

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3. せいしょをひらいて、せいしょのおはなしをよみましょう。
ルカによるふくいんしょ7:1~10

4. しゅのいのりをおいのりしましょう。
もうおぼえているかな? みないで おいのりできるといいね。

5. さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
「おうちで れいはいできて ありがとうございます。はやく みんなといっしょに きょうかいで れいはいができますように。コロナウィルスがはやく おわりますように。びょうきからまもってください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。 アーメン」

★これは新型コロナウィルス感染拡大で、教会に来ることができない元気なお子さんのためのものです。体調が悪い時に無理なさることはありませんので、お了承ください。どうかお子様と一緒に聖書を開き、お読みくださりお祈り頂ければ幸いです。

1 2 3 4 5 6 7 8 14