キッズチャーチは、神さま、人間、いのちをまなぶところ

地球上のたくさんの生き物や草木、そして日の光や海や川、空気。わたしたちは、たくさんのものに命を支えられて生きています。たくさんの仲間と共に生きています。すべては、神さまが与えてくださっています。生かされていることを、「ありがとう」っていうために、お互いを大切にすること、悲しいことや嬉しいことを分かち合うことの素晴らしさを学びます。生きていく上で、なくてはならないものは何でしょう?神様は、一人一人のありのままの姿を愛して大切に思っています。どんな時も決して見捨てずに、共に歩んでくださいます。希望をもっていきなさいと招いておられます。是非お子様を教会へお送りください。

★キッズチャーチは
毎週土曜日 朝10時から11時30分

◎場所
茅ヶ崎恵泉教会 小礼拝堂(新会堂 2階)
未就学児から小学生のお友達大歓迎!礼拝で聖書のお話しを聞きます。その後で、お誕生会、工作、ゲーム、DVDを見るなどをして楽しい時間を過ごします。

◎もってくるもの
「せいしょ」「こどもさんびか」教会にあるので持ってなくてもOK。
「けんきん」は神様に「一週間まもってくれてありがとう」をあらわすもの。会費や月謝ではないので、金額は自由です。

★一年間の行事 〜楽しいことがいっぱい!〜

  • 3月または4月:こどものためのイースター
    礼拝・エッグハンティング、ゲーム、ティータイム。
  • 4月:入園・入学・進級祝い。
  • 5月:母の日感謝
    お母さんへのプレゼント作り。
  • 6月:父の日感謝
    お父さんへのプレゼント作り。
  • 11月第2または3日曜日:子供祝福の祈り
    一人一人の成長を牧師が祈ります。お祝いプレゼントが用意されます。
  • 12月:こどものためのクリスマス
    礼拝とお祝い会 クリスマスのDVDを見たり、ゲームやティータイム。帰りにはクリスマスプレゼントが待っています。

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま きょうもかみさまにおいのりできることをかんしゃします。おうちでれいはいをまもれますよう イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあれば うたいましょう。(「どんなときでも」こどもさんびか120ばん)

3. きょうのせいしょをひらいて おはなしをよみましょう。ちいさなおともだちは おうちのかたに よんでもらってください。

●マルコによるふくいんしょ4:35~41
イエスさまは でしたちとみずうみのむこうぎしにわたろうとして ふねにのりました。
イエスさまはつかれておねむりになってしまいました。はげしいかぜがふいてなみがおおきくなりました。でしたちはいそいでイエスさまをおこしました。イエスさまがかぜをしかり みずうみに「しずまれ」といわれると みずうみはしずかになり ぶじにむこうぎしにつくことができました。

●きょうのおことば 「イエスはおきあがってかぜをしかり、みずうみにだまれ、しずまれといわれた。するとかぜはやみ、すっかりなぎになった。」
マルコによるふくいんしょ4:39 

★なぎ=しずかになること

4. しゅのいのりをおいのりしましょう。おおきなこえでおいのりしてね。

5. さいごに、こころのなかでおいのりして おわります。
「かみさま いつもおまもりくださってありがとうございます。ようちえんもがっこうもはじまりました。きょうかいでも キッズチャーチのれいはいをまもれますようにおいのりします。イエスさまのおなまえによっておささげします。アーメン」

★教会は21日から大人の礼拝が再開されました。キッズチャーチの再開が決まりましたら連絡いたします。感染予防に対して3密を避けるよう細心の注意に努めます。早く会いたいですね!

1 こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま がっこうやようちえんが はじまりました。まいにちげんきにすごせますように いっしょにいて おまもりください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

2 おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3 せいしょをひらいて せいしょのおはなしをよみましょう。ちいさなおともだちは おうちのかたに よんでもらってください。
「ルカによるふくいんしょ 5:17~26」
びょうきになることは つらいことですね。でも びょうきよりもっとたいへんなことは わたしたちの こころに かみさまによろこばれないこころ(「つみ」といいます)があることです。イエスさまは わたしたちのつみをゆるして こころをきれいにしてくださいます。

きょうのおことば
「ひとよ、あなたのつみはゆるされた。」ルカによるふくいんしょ5:20

4 「しゅのいのり」をおいのりしましょう。いつもおいのりできるといいね。

5 さいごに こころのなかでおいのりして おわります。
「おうちでれいはいできて ありがとうございます。イエスさまがわたしたちのつみを ゆるしてくださることを ありがとうございます。はやくコロナのしんぱいがなくなり みんなといっしょにきょうかいでれいはいできますように イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

★教会の再開ももうすぐです。キッズチャーチがはじまったら 元気な顔をみせてくださいね。
また いっしょに聖書のお話を聞き、工作やゲームをして楽しく過ごしましょう。再開が決まりましたらご連絡いたします。 

今週も お子様といっしょに聖書を開き お読みくださり お祈りくだされば幸いです。

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま がっこうやようちえんが はじまりました。コロナのびょうきからおまもりください。いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあれば、うたいましょう。(「やさしいめが」こどもさんびか119)

3. せいしょをひらいて、せいしょのおはなしをよみましょう。ちいさなおともだちは、おうちの方に読んでもらってください。

●ルカによるふくいんしょ 4:31~41
せいしょにでてくるひとたちは、びょうきのかぞくをイエスさまのもとにつれていきました。イエスさまは ひとりひとりにやさしくてをおいて、おことばで「このひとからでていきなさい。」とびょうきをおいだされました。ひとびとはイエスさまのおことばのちからとやさしさにおどろきました。

●きょうのおことば「そのことばにはけんいがあったからである。」ルカによるふくいんしょ4:32b

★けんい=すべてをしたがわせるちから

4.しゅのいのりをおいのりしましょう。いつもおいのりできるといいね。

5.さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
「おうちでれいはいできてありがとうございます。すばらしいちからをもつイエスさま、わたしたちのまいにちを、おまもりください。はやくコロナのしんぱいがなくなり、みんなといっしょにきょうかいでれいはいできますように。イエスさまのおなまえでおいのりします。アーメン」

★教会の再開ももうすぐです。キッズチャーチが再開しましたら、元気な顔を見せてくださいね。
また一緒に聖書のお話しを聞き、工作など一緒にしましょう。再開が決まりましたら連絡いたします。今週もどうかお子様といっしょに聖書を開き、いっしょにお読みくださり、お祈りくだされば幸いです。

2020年6月6日の、おうちでの礼拝

おはようございます。

1. てをくんで おいのりしましょう。
かみさまいつもまもってくださって、そしておうちでれいはいができて、ありがとうございます。
イエスさまのおなまえによって、おいのりします。アーメン

2. さんびかを うたいましょう(ほかにおぼえているさんびかがあれば そのさんびかをうたいましょう)。
いえすさまのことばが、きこえてくるよ/せいしょのおはなし、みんなできこう(こどもさんびか改訂版 6番)

3. きょうの聖書 ヨハネによる福音書 3章3~5節。 
(ちいさいおともだちは おうちのひとによんでもらいましょう。)

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。

4. 聖書のお話(ちいさいおともだちは、よんでもらいましょう)
聖書を教える先生であるニコデモさんは、人の集まっていない静かな夜にイエスさまをたずねしました。イエスさまは、ニコデモさんをじっと見つめて「ニコデモさんよく聞いてください。人は新しく生まれなければ 神さまの国に入ることはできないのですよ。」と言いました

ニコデモさんはよくわからなくて、こまった顔で聞きました。「私みたいなおじいさんが、どうしたら新しく生まれ変わることができるのですか?もう一度お母さんのおなかの中に入って生まれて来るなんて無理ですよ。」

イエスさまは やさしくおっしゃいました。「新しく生まれるというのは 神さまの力で心を新しくされて 神さまの子供にされることなのです。それで、神さまにかえられ、神さまの子供にされ、神の国に入ることができるのですよ。」

神の国に入りたいと思って、神さまからの決まりごとをまもってきたけど、自分の力ではなくて神さまに従うことで、神さまが私の心を変えてくださり、神さまの子供として下さり、神の国に入れてくださることを教えられたのです。
私たちも、神の国に入れてもらえるように、いつも神さまにしたがって行きましょう。

5. しゅのいのりをいのりましょう。

6. 最後に、こころのなかでおいのりをしましょう。
「おうちでれいはいできて、ありがとうございます。/はやく、きょうかいでみんなといっしょに、れいはいができますように。/コロナウィルスが、はやくおわりますように。/びょうきから、まもってください。
いえすさまのおなまえで、おいのりします。アーメン」

おうちでささげる礼拝(5月30日)のまもりかたをおしらせします。

1.目をとじて、心の中でおいのりしましょう。

2.しっているさんびかを、うたいましょう。

3.聖書をよみましょう。
きょうの聖書は、しとげんこうろく 1章8a節です。聖書を持っている人は、聖書を開いて読みましょう。
持っていない人は、下に書いてあるので読んでください。ちいさいおともだちは、よんでもらいましょう。

「8 あなたがたの上にせいれいがくだると、あなたがたは力を受ける。」

4.聖書のおはなしを よみましょう。
31日は、ペンテコステという、きねんの日です。
心をあわせていっしょうけんめい、いのっていたおでしさんたちに、せいれいがくだりました。
おはなしをきいたおおぜいの人が、せいれいの力・はたらきで、イエスさまを信じバプテスマ(せんれい)を受け、クリスチャンになりました。こうして、教会がたんじょうしました。わたしたちも、教会で礼拝できるように、せいれいの力・はたらきをしんじて祈りましょう。

5.しゅのいのりをいのりましょう。

6.さいごに、こころのなかでおいのりをして、おわります。
「おうちでれいはいできて、ありがとうございます。はやく、みんなといっしょに、きょうかいで、れいはいできますように。
コロナウィルスが、はやくおわりますように。びょうきからまもってください。イエスさまのおなまえで、おいのりいたします。アーメン」

1.こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2.おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3.せいしょをひらいて、せいしょのおはなしをよみましょう。(Ⅱコリントのしんとへのてがみ 12:7~9)

4.しゅのいのりをおいのりしましょう。
もうおぼえているかな? みないで おいのりできるといいね。

5.さいごに、こころのなかでおいのりしておわります。
「おうちで れいはいできて ありがとうございます。はやく みんなといっしょに きょうかいで れいはいができますように。コロナウィルスがはやく おわりますように。びょうきからまもってください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

★これは新型コロナウィルス感染拡大で、教会に来ることができない元気なお子さんのためのものです。体調が悪い時に無理なさることはありませんので、お了承ください。どうかお子様と一緒に聖書を開き、お読みくださりお祈り頂ければ幸いです。

1.こころのなかでおいのりをしましょう
かみさまいつもまもってくださってありがとうございます。おうちでれいはいがまもれますようイエスさまのおなまえによっておいのりします。

2.おぼえているさんびかがあればうたいましょう

3.せいしょをひらいてせいしょのおはなしをよみましょう。
ルカによるふくいんしょ17:11~19

●きょうのおことば
わがたましいよ、しゅをたたえよ、しゅのおんはからいを、なにひとつわすれてはならない(しへん103:2)

4.しゅのいのりをおいのりしまょう

5.さいごにこころのなかでおいのりしておわります
かみさま、いつもわたしによいことを、してくださっていることをかんしゃします。コロナウィルスがはやくおわりますように、びょうきのひとや、びょうきをなおしているおいしゃさん、かんごしさん、たくさんのひとを、かみさまがまもってくださるように、イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあればうたいましょう。

3. せいしょのおはなし(サムエルき じょう1:1~20)

むかし ハンナというおんなのひとがいました。ハンナにはかなしいことがありました。あかちゃんがうまれなかったのです。
ハンナはきょうかいでこころのそこからかみさまにおねがいしました。

「どうぞ あかちゃんをください。もしおとこのこがうまれたら、そのこがかみさまのためにはたらくように、かみさまにおささげします。」ハンナはかみさまにおはなしするようになみだでめをまっかにしておいのりしました。

そのつぎのとし、あかちゃんがうまれました。おとこのこでした。かみさまがおねがいをきいてくださったのです。おかあさんになったハンナはうれしくて「ありがとうございます」とかみさまにおいのりしました。そして「サムエル」というなまえをつけてだいじに だいじにそだてました。
  
●こんしゅうのみことば
「なにごとでもかみのみこころにかなうことをわたしたちがねがうなら、かみはききいれてくださる。これがかみにたいするわたしたちのかくしんです。」(ヨハネのてがみ一 5:14)

4. しゅのいのりをささげましょう。

5. さいごにこころのなかでおいのりしておわります。
「おうちでれいはいできてありがとうございます。
 はやく みんなといっしょにきょうかいで れいはいできますように。
 コロナウィルスがはやくおわりますように。びょうきからまもってください。
 イエスさまのおなまえによっておいのりします。アーメン」

★これは新型コロナウイルス感染拡大で 教会に来ることができない元気なお子さんのためのものです。体調が悪い時に無理なさることはありませんのでご了解ください。どうかお子様といっしょに聖書を開き、いっしょにお読みくださり、お祈りくだされば幸いです。

1. こころのなかでおいのりしましょう。
「かみさま いつもいっしょにいてください。イエスさまのおなまえによって おいのりします。アーメン」

2. おぼえているさんびかがあれば うたいましょう。

3. せいしょをひらいて せいしょのおはなしをよみましょう。
マタイによるふくいんしょ6:9~13
イエスさまがおしえてくださった「しゅのいのいのり」です。

●きょうのおことば
「てんにおられるわたしたちのちちよ、みながあがめられますように。」(マタイによるふくいんしょ6:9b)

4. しゅのいのりをおいのりしましょう。いつもおいのりできるといいね。

5. さいごに、こころのなかでおいのりして おわります。
「おうちでれいはいできてありがとうございます。はやく みんなといっしょに
きょうかいで いっしょにれいはいできますように。コロナウィルスがはやく
おわりますように。びょうきからまもってください。
イエスさまのおなまえでおいのりします。アーメン」

★これは新型コロナウィルス感染拡大で 教会に来ることが出来ない元気なお子さんのためのものです。体調が悪い時に無理なさることはありませんのでご了解ください。どうかお子様といっしょに聖書を開き、いっしょにお読みくださり、お祈りくだされば幸いです。

おうちで礼拝(4月25日)をささげましょう。

1.目をとじて 手を合わせて 心の中でおいのりしましょう。

2.さんびかを うたいましょう。
(ほかにおぼえているさんびかがあれば そのさんびかをうたいましょう)

 おいのりはね(フムフム) まいにちするんだぜ(OK)
 いつもイエスさま きいててくれるから
(友よ歌おう 「3つのやくそく」 より)

3.せいしょをよみましょう。
きょうのせいしょは マタイによる福音書(ふくいんしょ) 6章(しょう)の5~8節(せつ)です。
せいしょを持(も)っている人(ひと)は せいしょを開(ひら)いて 読(よ)んでください。持(も)っていない人(ひと)は 下(した)に書(か)いてあるので 読(よ)んでください。ちいさいおともだちは おうちのひとによんでもらって ききましょう。

6 だから、あなたが祈(いの)るときは、奥(おく)まった自分(じぶん)の部屋(へや)に入(はい)って戸(と)を閉(し)め、隠(かく)れたところにおられるあなたの父(ちち)に祈(いの)りなさい。そうすれば、隠(かく)れたことを見(み)ておられるあなたの父(ちち)が報(むく)いてくださる。
8b あなたがたの父(ちち)は、願(ねが)う前(まえ)から、あなたがたに必要(ひつよう)なものをご存(ぞん)じなのだ。

4.せいしょのおはなしをよみましょう。
人がたくさん集まっているところでお祈りする人には イエスさまは「たくさんの人にほめられたから 満足(まんぞく)でしょう。でも 神さまからはほめてもらえませんよ。」と言っています。
そうではなくて 「人が見ていないところで 神さま・イエスさまだけのことを考えて お祈りしなさい。」と言っています。
おともだちと一緒(いっしょ)にお祈りしてもよいのです。そういう時には 「友だちに聞いてもらおうと思うのではなく 心から 神さま・イエスさまだけのことを思って お祈りするんだよ。」と 教えていてくださっています。
お祈りは 神さまとお話しすることです。 だからどんなときでも どんなことでも お話しできるのです。 神さまは 私たちのことは何でもごぞんじです。
神さまは いつでも私たちの話を聞いてくださり 私たちに 答えてくださるのです。
神さまとお話しできるって とってもステキなことですね。
いつでも どこででも 神さまとお話ししましょう。お祈りしましょう。心をこめて。

5.しゅのいのりをいのりましょう。

6.さいごに こころのなかでおいのりをして おわります。
「おうちでれいはいできてありがとうございます。
はやく みんなといっしょに きょうかいで いっしょにれいはいできますように。
コロナウィルスがはやくおわりますように。びょうきからまもってください。
イエスさまのおなまえで  おいのりいたします。 アーメン」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 14