MENU

最高のプレゼント

「最高のプレゼント」

2021年12月19日

高校生のKさんは小さい頃に罹った病気(高熱)のため手足が不自由でした。そのKさんのお姉さんが結婚することになりました。Kさんは大好きなお姉さんに結婚のお祝いとして浴衣(ゆかた)を作ることにしました。不自由な手でまず裁縫の練習をしました。手に血豆ができ血も流れました。長い時間をかけてKさんは浴衣を縫い上げました。結婚式のお色直しでお姉さんはKさんが縫った浴衣を着ました。そしてKさんをそばに呼んで参列者の人たちに言いました。「この浴衣は手足が不自由な妹が縫ってくれました。不自由な手でこんなに素敵な浴衣を縫ってくれたのです。私は、これからは妹のことを大切に、誇りにして生きて行こうと思っています。」お姉さんはそれまで障がいのある妹の存在を隠したいと思っていました。でも妹が自分のことを愛してくれていることを知って「この妹は私の誇りです」と喜んで皆に紹介するようになったのです。神様も私たちに素晴らしいプレゼントを与えて下さいます。神様が与えて下さった最高のプレゼントはイエス・キリストです。神様は私たちを愛して大切な独り子を与えて下さいました。ですから私たちは「神様は私の誇りです」と言うのです。